LATEST NEWS 2019年11月26日

宇宙最大の爆発現象 初めて正確に観測

 野田浩司准教授(宇宙線研究所)らは、宇宙最大の爆発現象とされるガンマ線バーストを、可視光の千億倍のエネルギーを持つ高エネルギーガンマ線の帯域では初めて観測した。成果は20日付の『ネイチャー』(電子版)に掲載された。

 

 放射線の一種、高エネルギーガンマ線を観測対象とする光学望遠鏡にチェレンコフ望遠鏡がある。しかしガンマ線バーストは突発的に現れる上エネルギー放射が1秒~数分しか続かず、視野が狭いチェレンコフ望遠鏡では観測困難だった。

 

 今年1月、カナリア諸島のチェレンコフ望遠鏡が、衛星の情報を基に強い放射線の発生源を捉えた。結果、高エネルギーガンマ線の光子が10秒間に200~300個の高頻度で観測された。エネルギーの最高値は可視光の1兆倍で、より高いエネルギーが放たれた可能性もある。従来想定された放射メカニズムでは、よりエネルギーが低いガンマ線やX線の放射しか説明できず、未解明の放射メカニズムの存在が示唆される。

 

 他の望遠鏡の観測結果から、この放射線は45億光年離れた星が燃え尽きてブラックホールになる際に生まれたガンマ線バーストだと推測された。現在はより高性能の望遠鏡を建設中で、さらに高感度のガンマ線バースト観測が期待される。


この記事は2019年11月26日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今①教育編(下) 教養の確立は成功しているか 前期教養課程の課題とは
ニュース:温帯低気圧の雨量は気温で決定 温暖化に伴う雨量増加を予測
ニュース:宇宙最大の爆発現象 初めて正確に観測
ニュース:東大基金への寄付 外部サイトで可能に
ニュース:本郷のゆきラーメン山手 9年の歴史に幕
企画:根拠ある自己判断を ワクチンの副作用と安全性
企画:変わりゆく文学界 小説執筆の在り方に迫る
世界というキャンパスで:分部麻里(文・4年)⑥
WHO,ROBOT:第2回(前編) 「命」あるコミュニケーションが利点
青春の一冊:星新一『声の網』 廣瀬謙造教授(医学系研究科)
キャンパスガール:江﨑和貴子さん(理Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2016年05月16日

「東大で最高の知的興奮を体感せよ」 TEDxUTokyoを5月29日に安田講堂で開催

INTERVIEW / FEATURE 2019年05月27日

東大総長賞受賞者の素顔① Grubin ~最高の仲間と得た、最高のご褒美~

NEWS 2017年03月25日

合奏でテンポが速くなってしまう理由を解明 体内のタイミング調節メカニズムが影響

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年03月22日

退職教員インタビュー① 堀宗朗教授 失敗を恐れず地震シミュレーション開発に挑戦

NEWS 2019年11月26日

仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり

TOPに戻る