EVENT 2015年12月22日

「科学的根拠に基づく安全な学校・地域づくり」へ向けたプロジェクト報告・体験会

子どもの安全 × エビデンス〜科学的根拠に基づく安全な学校・地域づくりの協働促進に向けて〜

来たる2016年1月22日(金)、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)の「研究開発成果実装支援プログラム(成果統合型)」に採択された「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクト(2013〜2015年)において開発されたワークショップ・教材等のプログラム紹介・体験会が開催される。

 

「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクトとは

 このプロジェクトは、RISTEXの「犯罪からの子どもの安全」研究開発領域で得られた研究成果を活かし、国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動を支援するためのコンテンツを作成・普及することを目的とされる。具体的には、「科学的根拠に基づいたプログラム」、「事故・暴力等による外傷の発生頻度とその原因を記録するプログラム」および「プログラム、そのプロセス、変化による影響を評価する基準または方法」の作成・実行を支援するツールを安全な学校・地域づくりを進める担い手が使いやすいように改良し、研究成果を還元することが図られる。主催者は「プロジェクト期間中は、多くの学校・地域を対象に、実験的に実装を図り、プロジェクト終了後は、子どもの安全に関わる各種団体への広がりを期待している」という。また、ここでいう「国際基準の安全な学校・地域づくり」とは、「エビデンス(科学的根拠)に基づいた安全な生活環境づくり」と言い換えられ、これまでの研究で得られた科学的根拠に基づき開発してきた各種教材ツールを通じて「犯罪からの子どもの安全」のみならず、交通事故や転倒事故、多様な災害からの子どもの安全に役立つプログラムとするという。

 当日は、プログラムの研究開発や社会実装にかかわったプロジェクトメンバーが自らその内容を紹介し、そのプログラムを活用した学校や地域の関係者からコメントされる。また、第二部では、参加した皆様方もそのプログラムを体験できるという。

◎日時:平成28年1月22日(金)10:00-15:30

◎会場:東京・御茶ノ水 ワテラスコモン 3階ホール・2階ギャラリー

〒101-0063東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地  

    http://www.waterrascommon.com/

◎主催:「国際基準の安全な学校・地域づくりに向けた協働活動支援」プロジェクト

◎共催:国立研究開発法人 科学技術振興機構 社会技術研究開発センター「研究開発成果実装支援プログラム(成果統合型)」

◎参加費:無料

 ※当日参加可能ですが、人数把握のため申し込みにご協力ください。メールまたはFAXにご所属・お名前を送付願います。

◎問い合わせ:一般社団法人子ども安全まちづくりパートナーズ 重根 美香

 E-mail:info@evisapo.com

 電話:03-5577-4462 FAX : 03-5577-4366

 「エビサポ」http://evisapo.com

 

◎プロジェクト参加団体(順不同)

・大阪教育大学 安全教育研究会

・科学警察研究所

・一般社団法人 子ども安全まちづくりパートナーズ

・国立研究開発法人 産業技術総合研究所

・昭和薬科大学 ここほっとルーム

・NPO法人 青少年メディア研究協会

・NPO法人 Safe Kids Japan

・福岡教育大学 小泉令三研究室

・明治大学 山本俊哉研究室

・早稲田大学 小島隆矢研究室

全画面キャプチャ 20151220 202719

全画面キャプチャ 20151220 203147

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年01月06日

〈自分たちの言葉〉で東大の知をひらく。編集長より新年のご挨拶

EVENT 2015年06月17日

6月28日(日)人間の安全保障カフェvol.1 国際協力の現場で働くってどういうこと?

NEWS 2015年08月22日

平和学の父 ガルトゥング博士講演会「アメリカ依存では世界平和には貢献できない」

INTERVIEW / FEATURE 2016年02月25日

東大生が東京マラソンを駈ける!世界の難民のため、難民の背景を持つ学生とともに

EVENT 2015年07月12日

「批判よりも、提言を」難民保護を巡る新枠組みについてのポリシーメイキング 8月1日開催

TOPに戻る