LATEST NEWS 2015年6月10日

国際大学対抗プログラミングコンテスト、東大チームが日本過去最高の3位

ACM国際大学対抗プログラミングコンテスト(ACM―ICPC)の世界大会が5月20日に開かれ、東大のチームが3位に入賞し金メダルを獲得し た。3位入賞は2013年の東大チームに並ぶ日本チーム過去最高順位。日本チームとして初めて、アジア地域の大学の最高順位に贈られるアジアチャンピオン の座にも輝いた。

写真_記事先頭に.jpg表彰を受ける東大のチーム(写真は山口利恵特任准教授(情報理工学系研究科)提供)

 今回の世界大会はモロッコで開かれ、予選を勝ち抜いた128大学が集結。予選には101カ国2534大学から計38160人が参加した。東大の▽ 副島真さん(情報理工学系・修士2年)▽今西健介さん(理・4年)▽村井翔悟さん(理・3年)―の3人からなるチームは、14年開催の国内予選を首位で通 過。二つのアジア地区大会でも優勝し、世界大会の出場権を獲得していた。

今回の3位入賞で、上位12位までに与えられるメダルの獲得は、東大として4年連続となった。13年の世界大会で3位に入賞し、日本の大学として 初めて金メダルを獲得。このときもメンバーとして活躍した副島さんと今西さんは、功績を評価され13年度総長大賞を受賞している。14年の世界大会では7 位で銀メダルを獲得した。

ACM-ICPCは、ACM(Association for Computer Machinery)という計算機学会の主催で、76年度から毎年開催されている大学対抗のプログラミングコンテスト。大学院生または学部生で構成される 3人1チームで参加し、プログラミングによる問題解決能力を競う。各チームで1台のコンピューターのみを用いるためチームワークも鍵となる。

今年のACM-ICPCの国内予選は6月26日に開催。詳細はACM-ICPCのウェブサイトで確認できる。

この記事は、2015年6月9日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。2715_6_9pop-01 small.pngのサムネイル画像

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2016年06月14日

日本郵便社長に就任する横山邦男さんに聞くリーダーの心得

EVENT 2015年06月25日

コンピュータの本質とは?ビジュアルプログラミング言語「Viscuit(ビスケット)」

INTERVIEW / FEATURE 2015年05月10日

「プログラマーは神である」五月祭講演会・木寺氏が語るITの力

INTERVIEW / OBOG 2016年07月24日

人工知能のその先へ 「グーグルの先を行く」プリファードネットワークスが描く未来

INTERVIEW / OBOG 2015年05月29日

「能力があるから融資や投資をしてもらえるわけではない」木寺祥友さん

TOPに戻る