SPORTS 2014年11月12日

東大アメフト、接戦で横国に敗れる

アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は2日、秋季リーグ戦第5節を横浜国立大学とアミノバイタルフィールドで戦い、14―15で逆転負けした。試合時間残り38秒に、タッチダウン(TD)を献上。試合前に2位で並んでいた横国大に敗れ、1部上位リーグ「TOP8」昇格が厳しい状況に追い込まれた。

東 大   0707 | 14
横国大  7008 | 15

 2位までが出場できる入れ替え戦に向け、勝利が求められた一戦。しかし序盤、東大は苦戦を強いられる。最初の攻撃でフィールドゴールを失敗すると、続く守備では反則を犯し、流れは横国大に。最後はロングパスで先制を許した。

中盤逆転するも、接戦を逃す

東大は失点以降、パスを中心に攻撃を組み立てる。第2Q終了間際、左サイドへパスを3本連続で成功。最後のパスを受けた岸本容司郎選手(文Ⅰ・2年)がTDし、同点に追い付いた。
勢いに乗った東大は第4Q開始直後、北岡幹雄選手(農・3年)が左サイドから一気に約50ヤード前進。続くプレーで岸本選手がパスを受け、TDで勝ち越した。
しかし試合時間残り6分、ボールを前に蹴り出すパントの失敗で流れが一転。横国大のランを止められずに前進され、残り38秒にパスでTDを許し1点差に。トライフォーポイントで横国大が2点獲得を目指し右サイドへのパスを選択すると、このパスが通り14―15、逆転された。

1112アメフト.png

 東大は11日時点で4位タイに後退。神奈川大学との第6節は東大の不戦勝で、東大は最終節の専修大学戦を残すのみとなった。

この記事は、2014年11月11日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2697_11_11pop.jpg

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月06日

アメフト部 1部上位リーグ所属の明大に16-13で勝利

SPORTS 2017年04月23日

アメフト部 今年から1部昇格の桜美林大に3―17で完敗

SPORTS 2015年11月01日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

SPORTS 2016年10月10日

アメフト、開幕3連勝もミス多く課題残す 次節で国士舘大と全勝対決

SPORTS 2017年11月05日

アメフト 国士舘大に敗れ今季初黒星 「力負け」で大量53失点

TOPに戻る