SPORTS 2015年9月25日

東大アメフト 駒澤大との延長制し初戦白星

アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は12日、秋季リーグ初戦を駒澤大学とアミノバイタルフィールドで戦い、延長節までもつれる接戦を制した。東大は3点を追う試合時間残り3秒にフィールドゴール(FG)で同点に追い付き、延長節でタッチダウン(TD)を決めて勝利した。

 

amefoot150922
2点をリードされた第3Qに、大槻選手がTDを決めて逆転に成功する(撮影・関根隆朗)

 

 

東 大|7089|24 |07

駒澤大|09015|24 |00

 

東大は最初の攻撃を止められるも、駒澤大が落としたボールを野原陸史選手(文・3年)が拾い、敵陣34ヤードで攻撃権を奪う。ラン中心に攻め、最後は関野良樹選手(農・3年)が右サイド際を走り込み先制する。

 

第2クオーター(Q)序盤は駒澤大の反撃をFGの3点に抑えていたが、反則などで追加点を奪えない。すると前半終了間際、駒澤大にロングパスを通され逆転を許す。後半は関野選手のラン中心に攻め第3Q中盤に大槻新選手(理・4年)のTDで得点するも、駒澤大のパスを防げず互いに逆転を繰り返す。

 

試合時間残り7分で3点を勝ち越された東大は次の攻撃で得点できず、ランで攻める駒澤大を止めたのは残り43秒。自陣25ヤードで攻撃権を得るとパス中心に前進を続け、敵陣8ヤードに迫る。ここで佐藤亮選手(育・4年)がFGを決め残り3秒で同点とし、試合の行方は延長節へ。延長節では両チームがゴール前25ヤードから1回ずつ攻撃し、点差が付いた回に勝敗が決する。

 

最初の攻撃は互いに得点できず迎えた東大2回目の攻撃。ランで敵陣5ヤードに迫ると、岸本容司郎選手(法・3年)にパスを通しTD。駒澤大の攻撃を止め、初戦に辛勝した。

 

(文・竹内暉英)

 

この記事は、2015年9月22日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年12月17日

アメフト、日体大に敗れTOP8昇格逃す 勇退の竹之下監督「トータルで力負け」

SPORTS 2016年05月21日

硬式野球部、法大に3季連続勝利 完投の宮台投手「明日勝って勝ち点取る」

SPORTS 2017年04月17日

【部員が見る軟式野球③】東大軟式野球部が2016年秋季リーグ優勝校・早大に快勝  

SPORTS 2014年05月12日

アメフト京大戦 今年も白星ならず

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月04日

ジャズダンスサークル・FreeD !(フリー・ディー)

TOPに戻る