SPORTS 2016年10月2日

硬式野球、開幕6連敗 初登板1年生左腕が初回に3失点

初登板初先発の1年生左腕・山下投手はほろ苦いデビュー戦となった(撮影・関根隆朗)
初登板初先発の1年生左腕・山下投手はほろ苦いデビュー戦となった(撮影・関根隆朗)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月2日、早稲田大学との2回戦を戦い、0―4で敗れた。リーグ戦初登板の先発・山下大志投手(文Ⅲ・1年)が初回につかまって3失点を喫し、打線も相手左腕に散発3安打に抑えられた。東大は開幕6連敗となった。

 

早大|300010000|4

東大|000000000|0

 

 東大の先発はリーグ戦初登板の1年生左腕・山下投手。しかしその立ち上がり、130キロ台の直球が甘く入り先頭打者に安打を浴びると、犠打で走者を進められた後2者連続四球で満塁のピンチを招く。連打で2点を失い、1死しか取れずにわずか23球で降板。後を継いだ三木豪投手(農・4年)は打ち取った当たりが内野安打となって1点を失い、初回から3点を先行される苦しい展開となる。

 

初回、早々と先制を許す(撮影・関根隆明)
初回、早々と先制を許す(撮影・関根隆明)

 

 三木投手は三、四回をパーフェクトに抑えて二回以降は1失点と踏ん張り援護を待つが、試合開始前の時点で防御率6点台の相手左腕が変化球でストライクを先行させる抜群の投球を見せ、打線は打ちあぐねる。初回こそ先頭打者が安打を放つも、後続が倒れ無得点。四回はわずか5球で片づけられるなど淡白な攻撃が目立ち、二回以降は一度も先頭打者が出塁できない。六~八回を有坂望投手(文Ⅲ・2年)、九回を山本俊投手(工・4年)が共に無安打に抑えたものの、打線が散発3安打で無得点。今季2度目の零封負けで開幕6連敗となった。

 

(文・竹内暉英)

 

 【関連記事】

「勝ち点に向け鍵は投手」 硬式野球・浜田監督 リーグ開幕前インタビュー

硬式野球部 田口選手が本塁打も明大に18安打9失点で開幕戦黒星

硬式野球部、明大に連敗 1年生・小林投手162球の力投実らず八回に逆転許す

硬式野球部 慶大・加藤投手にノーヒットノーラン喫し0-8で大敗

硬式野球部 今季最多6得点も九回に4失点し逆転負け

硬式野球、2点先制も四死球・失策で自滅 早大との初戦を落とす

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月06日

【東大水泳部水球陣寄稿】リオ五輪「水球」の見どころ

SPORTS 2016年09月27日

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

SPORTS 2015年10月24日

東大硬式野球 無得点で立大との初戦落とす

2019年10月10日

2年連続総合3位に 第58回七大戦閉幕

SPORTS 2015年10月10日

東大硬式野球 明大との1回戦、1-2で惜敗

TOPに戻る