ニュース

2021年10月25日

【東京六大学野球】法大1回戦 先制点を奪うも完敗

 先制適時打を放ちハイタッチする中井(撮影・安部道裕)

 

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月23日、法政大学とリーグ1回戦を戦い1―11で敗れた。序盤に打線が奮起し先制するもその後はあと一本が出ず、中盤以降は攻守で圧倒され、悔しい完敗となった。(取材・清水央太郎)

 

東大|0 1 0 0 0 0 0 0 0|1

法大|0 0 3 0 2 2 0 4 X|11

 

 直近3試合で無得点と元気の無かった打線がこの日はいきなりの奮起を見せる。一回表、二死から3番大音周平(理・4年)が単打と盗塁で得点圏に進むと、4番井上慶秀(育・4年)も左前打を放つ。1点先制かと思われたが、法大の左翼手・宮﨑の好返球に阻まれ得点は奪えない。それでも二回表、足を絡めた攻撃で二死三塁の好機をつくると8番中井徹哉(農・3年)の右前適時打で先制。しかし打線はその後も芯で捉えた良い当たりの打球を連発するが、なかなか追加点を奪えない。

 

先制点に繋がる盗塁を決めた水越健太(経・4年)(撮影・安部道裕) 

 

 この日の先発は井澤駿介(農・3年)。打線の勢いに乗りたいが、疲れからか本調子ではない投球に。それでも緩急を交えた巧みな投球術を見せ一、二回を無失点に抑える。ところが三回裏、三連打で無死満塁のピンチを招くと味方の失策と自身の暴投などで3点を失う。さらに五回にも2点を失ったところで降板となった。

 

 六回からは松岡由機(文Ⅰ・2年)が登板。ダイナミックなフォームから130キロ後半の直球を投げこむも、六回に2失点。それでも七回は無失点にまとめ、小宗創(育・4年)につないだ。しかし代わった小宗は八回に満塁弾を浴び4失点。序盤好調だった打線も法大のロングリリーフ尾﨑を前に中盤以降は完全に沈黙。九回に久しぶりの安打が出るも得点は奪えず、悔しい力負けとなった。

 

 この日打線は芯で捉えた打球を見せたもののあと一本が出ず、投手陣も粘り切れなかった。しかし盗塁を二つ刺した松岡泰希(育・3年)など輝きを見せる下級生も居り、来季以降の活躍を予感させてくれた。

 

盗塁を二度刺すなど輝きを見せた松岡泰希(撮影・安部道裕)

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit
koushi-thumb-300xauto-242




TOPに戻る