SPORTS 2015年10月3日

東大硬式野球 慶大との1回戦落とす

硬式野球部(東京六大学野球)は3日、慶應義塾大学との1回戦を戦い、1-5で敗れた。東大は継投で慶大打線を七回まで無失点に抑えたが、0-0の八回表に3者連続本塁打などで5失点を喫した。

 

慶大|000000050|5

東大|000000001|1

 

先発の宮台康平投手(文Ⅰ・2年)は初回、球数を費やしながら無失点で切り抜けると、その後はテンポ良く投球を続け5回を1安打無失点に抑える。六回から登板した柴田叡宙投手(理Ⅰ・2年)も慶大打線に的を絞らせず、試合は投手戦に。

0-0で迎えた七回裏、打線は2四球などで2死二三塁の好機を作る。しかしあと一本が出ずこの回無得点。すると八回表、柴田投手が1死一塁から三塁線を破る三塁打を浴び、先制を許す。さらに本塁打で3点差とされると、代わった投手も流れを断ち切れず、連続本塁打を浴びてこの回一挙5失点。九回裏に田口耕蔵選手(理Ⅱ・2年)が本塁打を放ち一矢報いるも、終盤の失点が重くのしかかり1回戦を落とした。

 

(文・竹内暉英)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年03月01日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!履修者から見たイタリア語の姿

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月11日

【五月祭おすすめ企画①】British Rock研究会五月祭ライブ ライブでの経験を生かす 

COLUMN 2014年03月17日

【サークル奮闘記】「本を書きたい」学生を発掘して出版社に売り込む! 出版甲子園実行委員会

SPORTS 2016年10月07日

【部員が見る軟式野球③】反撃及ばず立大に敗北 今季初黒星

INTERVIEW / FEATURE 2015年05月13日

「起業は学べる技術」帝国大出身の祖父を持つ木寺氏が後進育成に熱心な理由

TOPに戻る