ニュース

2022年9月20日

院試 新領域創成科学研究科で出題ミス 合否には影響なし

 東大は9月6日、新領域創成科学研究科環境システム学専攻修士課程の入学試験で出題ミスがあったことを発表した。合否に影響がないように措置を行ったという。

 

 出題ミスがあったのは、8月23日に実施された筆記試験「専門科目B」の選択問題。問題文中の解答に用いる式の符号が誤っており、想定されていた解とは異なる解が導かれるようになっていた。

 

 8月25日の採点中にミスが発覚し、当該問題について選択した受験者全員を正答として採点した。同時に、この措置をとることにより受験者の合否は変わらないことを確認。大学側は9月6日の合格発表日に、受験者全員に対して出題ミスとその措置をメールで説明した。

 

 東大はミスの原因として、誤った式でも想定されているものとは異なる解が導出可能なことに加え、問題をチェックする過程で、解答に必要な情報の有無のチェックを重視する一方、模範解答との厳密な照合がされていなかったことを挙げた。

 

 東大は再発防止のため、教科書などの出典を用いた問題文中の式の確認や模範解答との厳密な照合をするなど、問題をチェックする体制や手順の見直しを発表した。

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る