ニュース

2022年3月24日

五月祭、ハイブリッド形式の開催へ 3年ぶりにキャンパスに観客

 第95期五月祭常任委員会は3月20日、2022年度の五月祭を5月14〜15日にキャンパスとオンラインの企画を組み合わせたハイブリッド形式で開催すると発表した。発表通りに開催されれば、19年度の駒場祭以来3年ぶりにキャンパスに観客を入れた学園祭となる。

ハイブリッド開催を伝えた五月祭常任委員会公式Twitterの画面

 

 新型コロナウイルス感染症の流行以降、20年度、21年度の五月祭はいずれもオンラインで、9月に開催されていた。例年は5月に本郷キャンパスで2日間開催され、新入生にとってはクラス単位で模擬店を出店し、交流を深める場となっている。

 

東大五月祭、開催断念発表の真相は 大学・学生に主張の食い違いも

タグから記事を検索


東京大学新聞社からのお知らせ


recruit




TOPに戻る