LATEST NEWS 2017年9月9日

硬式野球 開幕戦で立大に敗戦 先発・濱﨑投手好投も打線が好機生かせず

 東京六大学野球の秋季リーグが9日に開幕し、硬式野球部は開幕戦で春覇者の立教大学と対戦した。先発の濵﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)が4回1失点と試合をつくるが、主将の山田大成選手(育・4年)をけがで欠く打線は立大投手陣を打ちあぐね、1-4で敗れた。東大は明日10日午後1時半ごろから、立大との2回戦を戦う。

 

立大|001011010|4
東大|000000100|1

 

 東大の先発は春季リーグで台頭しチームトップの防御率を残した濱﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)。一、二回は走者を出しながらも無失点に抑えるが、三回に2死走者無しから二塁打と四球で一二塁とされると、左前適時打で先制を許す。続く打者にも右前へ運ばれるが、右翼手・杉本幹太(農・3年)が好返球で二塁走者を本塁で刺し、1失点でしのぐ。

 

杉本選手の好返球で2点目は許さない(撮影・児玉祐基)

 

 対する東大は直後の攻撃、先頭の田口耕蔵選手(育・4年)が左中間への二塁打で出塁し、進塁打と四球で2死一三塁とする。続く三鍋秀悟選手(工・3年)の鋭い打球はセンターへ抜けるかに見えたが、相手投手が好フィールディングを見せてアウトに。同点機を逃す。

 

 五回からは、開幕前に浜田一志監督が成長株として名を挙げていた宮本直輝投手(文Ⅲ・2年)がマウンドへ。しかし先頭を中前打で出し、盗塁と暴投で2死三塁のピンチを招くと暴投で2点目を献上。さらに六回には左翼へのソロ本塁打で3点差とされる。

 

 反撃したい東大は七回、先頭の代打・岡俊希選手(文Ⅰ・1年)が中前打で出塁し、1死二塁から三鍋選手がうまく右前へ運び1点を返す。さらに追い上げたい場面だが、後続が続かずここは1点止まり。すると直後の八回、前の回から登板していた宮台康平投手(法・4年)が先頭にバックスクリーン左への本塁打を浴び、再び3点差となってしまう。

 

三鍋選手のすくった打球が右前適時打となり、1点を返す(撮影・竹内暉英)

 

 その後東大も八回、九回と得点圏に走者を進めるが、得点を挙げられず敗戦。投手陣は9安打・7四死球で多くの走者を背負いながらも4失点にまとめたが、打線が再三の好機を生かし切れなかった。

(文・関根隆朗)

 

【関連記事】

硬式野球 宮台投手、序盤に大量失点 立大に2連敗で開幕スタート

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年09月18日

硬式野球 慶大相手に一時追い付くも力負け 勝ち点の行方は19日の第3戦へ

SPORTS 2015年04月22日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第3戦

SPORTS 2016年05月07日

硬式野球部 宮台選手が投打で活躍、自身初の完封勝利で07年以来の立教撃破

SPORTS 2016年11月14日

ラクロス男子、慶大にリーグ決勝で大敗 一時リードなど中盤まで互角

NEWS 2016年06月17日

五輪へ選手強化目指す 東大のスポーツ研究拠点式典に大臣2人が出席

TOPに戻る