SPORTS 2018年5月13日

硬式野球 守備が大きく崩れ法大に1-17で完敗

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月12日、法政大学との1回戦を戦い、1-17で敗れた。先発の小林大雅投手(経・3年)は初回に2失点とすると、五回には集中打を浴び、五回途中7失点で降板した。後続の投手も法大打線に捕まり、野手による4失策とも相まって、計17失点の大敗。一方打線はうまく好機をつくれず1点に封じられた。東大は13日午前11時から法大との2回戦に臨む。

 

七回に唯一の得点となった山下朋大選手の適時打でホームに生還する新堀選手(撮影・湯澤周平)

 

法大|200055500|17

東大|000000100|1

 

 前週の早稲田大学とのカードでは2試合で計3失点と好投を見せた小林投手は、この日は初回から法大打線に捕まる。2死から二塁打と2本の三塁打を浴び、2点を失う苦しい展開に。その後は立ち直りを見せ、二~四回は無失点に抑える。反撃したい打線は、死球や単打などで出塁はするものの、犠打失敗などで二塁以降に走者を進めることができない。

 

 反撃できずにいると五回の守備では、失策で先頭打者が出塁し、犠打と四球で1死一二塁に。ここで左中間を破る2点適時打を放たれる。小林投手はその後四球と中飛で2死一二塁とすると、さらに三塁打を含む3連続安打を浴び、五回途中7失点で降板となった。

 

二~四回は走者を出しつつも2失点に抑える粘りの投球を見せた小林投手だったが、五回に5点を失い降板する(撮影・湯澤周平)

 

 五回2死一二塁の場面で小林投手の後を継いだ山下大志投手(文Ⅲ・2年)は初めの打者を三振に切って取り五回の攻撃をしのいだものの、六回には先頭打者から2連続四球を与えあえなく降板。続く濵﨑貴介投手(医・3年)もピリッとせず、初めの打者の左前打で追加点を許す。さらにこの回は野手が送球時に2個の失策。締まらない守備で五回に続き5点を献上した。七回にも先頭打者をこの日4個目となる失策から出塁させると、2死としてから本塁打を含む5連続安打を浴びる。本塁打を放ったのは法大・中山翔太選手(4年)で、この本塁打によりリーグ史上8人目となるサイクル安打を達成。濵﨑投手の暴投などミスも絡まり、この回も5点を失った。

 

七回に濵﨑投手は法大・中山選手に2点本塁打を浴びるなど、計5失点を喫した(撮影・湯澤周平)

 

 一矢報いたい打線は七回、1死から新堀千隼選手(理Ⅱ・2年)が中前打で出塁する。四球を挟んで山下朋大選手(育・3年)が放った三遊間の打球を相手遊撃手がはじくと、その間に新堀選手が生還し、1点を奪う。八回以降は川口寛弥投手(農・4年)が2回を無失点にまとめたものの、打線は沈黙。守備に締まりのない試合展開で、昨季勝ち点を挙げた法大との1回戦を落とした。

 

八回からマウンドに上がり、2回を無失点に抑えた川口投手(撮影・石井達也)

 

(石井達也)

 

【関連記事】

硬式野球 法大に2戦連続2桁失点で敗北 岡選手はリーグ戦初本塁打

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月27日

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

SPORTS 2016年11月24日

東京六大学選抜vsヤクルト 東大から3人が出場 三木投手が1回ピシャリ

COLUMN 2016年08月05日

【東大バスケットボール部寄稿】リオ五輪「バスケットボール」の見どころ

COLUMN 2017年12月18日

硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 監督・選手の話で振り返る秋季リーグ戦

COLUMN 2016年08月06日

【東大馬術部寄稿】リオ五輪「馬術」の見どころ

TOPに戻る