SPORTS 2018年10月20日

硬式野球 法大に0-8で完敗し初勝利ならず 負ければ最終戦の2回戦に臨む

 硬式野球部(東京六大学野球)は10月20日、法政大学との1回戦を戦い、0-8で敗れた。東大は初回と最終回以外は得点圏に走者を進められず、先発の小林大雅投手(経・3年)は制球が定まらないまま7回7失点と徐々に点差を広げられた。東大は明日21日午前11時から、負ければ今季最終戦となる法大との2回戦に臨む。

 

走者を背負いながらの苦しい投球となった小林投手(撮影・湯澤周平)

 

東大|000000000|0

法大|10220021X|8

勝:三浦(法大) 負:小林(東大)

 

 東大は初回、2番・笠原健吾選手(文Ⅲ・2年)が二遊間を破る中前打を放つと、辻居新平選手(法・3年)が四球で、三鍋秀悟選手(工・4年)が内野安打で出塁して1死満塁の好機。しかし続く2打者が連続三振を喫し、先制点は奪えない。先発の小林投手は死球で出塁させると、2死二塁の場面で左前打を許して先制される。

 

 二回以降の打線は、相手投手の一方的なペースに乗せられる。二回と四〜六回は三者凡退に抑えられ、出塁しても走者を二塁以降に進められない。一方で小林投手は制球が安定せず、三つの死球を含む6四死球。法大の計7盗塁を記録した機動力と着実な適時打によって、失点を重ねた。

 

 守備では八回、新人の左腕・小宗創投手(文Ⅲ・1年)がリーグ戦初登板。先頭打者は内野ゴロに打ち取るものの、その後内野安打やレフトへの三塁打で1点を失う。最終回の攻撃では、明治大学との2回戦を引き分けに持ち込む同点打を放った武隈光希選手(文Ⅲ・2年)が代打で登場し、この日も右中間を破る二塁打を放つ。しかし続く打者が倒れ、1点も奪えないまま試合終了を迎えた。

 

八回にリーグ戦初登板を果たした小宗投手(撮影・湯澤周平)
九回2死の場面で代打の武隈選手は二塁打を放ち、この試合唯一の長打となった(撮影・湯澤周平)

(石井達也)

 

硬式野球 法大に反撃及ばず連敗 全敗で今季を終える

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年01月21日

スピンから見る平昌五輪「フィギュアスケート」の見どころ

SPORTS 2018年04月23日

【部員が見る軟式野球2018③】慶大に反撃及ばずリーグ戦初黒星

COLUMN 2018年02月01日

最もタフなスキー競技 平昌五輪「クロスカントリー」の見どころ

COLUMN 2018年02月02日

競技の様子はまるで「雪上のF1」 平昌五輪「アルペン」の見どころ

SPORTS 2016年05月01日

硬式野球部 今季最多の4得点も、3本塁打浴び9失点で慶大に連敗

TOPに戻る