SPORTS 2019年4月21日

硬式野球 早大に連敗 継投策実らず3被弾で2-8の大敗

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月21日、早稲田大学との2回戦を戦い、2-8で連敗した。継投を展開した東大は、先発の小宗創投手(文Ⅲ・2年)が本塁打などで3失点。七回にも後続投手陣が2本の本塁打を打たれた。六回まで1安打と沈黙していた打線は、七回に辻居新平選手(法・4年)の2点本塁打で一矢報いるも早大に屈した。東大は5月4日午後1時30分(予定)から、慶應義塾大学との1回戦に臨む。

 

七回、辻居選手が今季初本塁打を放つ。「自分がチームを引っ張っていく姿勢を示せて良かった」(撮影・石井達也)

 

早大|012000410|8

東大|000000200|2

勝:西垣(早大) 負:小宗(東大)

 

 「登録していた8人の投手のうち7人を使う予定だった」と試合後に浜田一志監督が話すように、東大は小刻みな継投を展開する。リーグ戦初先発となった小宗投手は、球が上ずる場面が目立つ不安定な立ち上がり。二回2死二塁の場面では内野安打の間に先制を許し、三回にも2点本塁打を浴びるなど試合をつくれない。

 

 打線は相手先発の直球とカーブ主体の投球に苦戦。四回まで1人の走者も出せない。五回2死から大音周平選手(理Ⅱ・2年)が左翼に二塁打を放ちようやく出塁するが、後続が打ち取られ無得点に終わる。

 

 四回から登板した坂口友洋投手(文・4年)は、打たせて取る投球がさえ、四回を3人で打ち取る。無死三塁とした六回も、遊撃手・笠原健吾選手(文・3年)の好捕にも助けられて後続をシャットアウト。早大に追加点を与えず、3回無失点でマウンドを譲る。

 

今季ここまでの全試合に登板する坂口投手は、この日も3回無失点の粘投(撮影・石井達也)

 

 しかし七回が誤算だった。平山皓太投手(薬・3年)は2死から安打と四球で走者を出し、この時点で3打数2安打の相手3番打者に3点本塁打を喫す。たまらず浜田監督は柳川貴宏投手(理Ⅱ・2年)をマウンドに送るも、柳川投手は制球が定まらず3ボールとし、カウントを取りにいった球を捉えられソロ本塁打を浴びる。

 

 一矢報いたい打線は七回、先頭の笠原選手が死球で出塁すると、今季いまだに1安打と苦しむ辻居選手が打席に。「前日の試合後からバットのスイング軌道を修正した」辻居選手は、1ボールから「狙っていた」135キロの直球を振り抜き、左翼スタンドに完璧な本塁打。ホームイン直後には大きな声を上げ主将としてチームを鼓舞する。

 

 しかしその後打線は沈黙し早大に連敗。2カードを終えてチーム防御率11点台、チーム打率1割台となかなか波に乗れない状況が続く。次戦までの2週間で攻守共にどれだけ立て直せるかが、今後の勝利のために重要になる。

 

◇浜田監督の話

 七回の大量失点は気持ちの問題だった。次の試合まで2週間空くので、その間に立て直し「令和の逆襲」を見せたい。

 

(湯澤周平)

 

【関連記事】

硬式野球 13失点を喫し早大に大敗 投手陣が最後まで踏ん張れず

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年07月07日

七大戦、ラクロス男子と少林寺拳法で優勝 7競技終え、東大が首位

COLUMN 2018年01月31日

日本人選手が金メダル獲得の期待大 平昌五輪「スキージャンプ」の見どころ

COLUMN 2017年11月20日

東大硬式野球部はなぜ勝ち点を取れたのか? 秋季リーグ戦をデータ面から振り返る

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球①】投打かみ合い法政との開幕戦に快勝

SPORTS 2015年06月04日

硬式野球、勝利までの苦難の歴史 昨年秋から光明見える

TOPに戻る