LATEST NEWS 2017年10月6日

硬式野球 宮台投手がプロ志望届 東大6人目のプロ野球選手誕生なるか

 硬式野球部(東京六大学野球)の宮台康平投手(法・4年)は10月5日、東京六大学野球連盟にプロ志望届を提出した。10月26日に実施されるプロ野球ドラフト会議で指名されると、その球団と入団交渉を行うこととなる。硬式野球部からプロ野球選手が誕生すれば、2004年に横浜ベイスターズに9位指名された松家卓弘さん以来、6人目。宮台投手は「今週の法政戦で結果を出せるように頑張ります」とだけコメント。明日7日からの法政大学戦での投球に注目だ。

 

宮台投手は今季、9月16日の慶大戦で完投勝利を挙げている

 

(文・関根隆朗)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2014年04月03日

【サークル奮闘記】駒場で開かれる「2.4時間テレビ」とは?

SPORTS 2017年03月29日

【部員が見る軟式野球①】慶大に1―3 春季リーグは黒星スタート

SPORTS 2016年12月28日

【東大2016総決算⑤:七大戦】歴代最高得点で優勝

SPORTS 2016年09月11日

アメフト 宮山選手の「東大初」の活躍光り43―11で初戦白星

SPORTS 2016年05月27日

【部員が見る軟式野球⑧】流れに乗り切れず立教に敗れ4連敗

TOPに戻る