LATEST NEWS 2017年10月26日

硬式野球部・宮台投手を日本ハムが7位指名 東大史上6人目のプロ野球選手へ

 硬式野球部の宮台康平投手(法・4年)は10月26日、プロ野球ドラフト会議で北海道日本ハムファイターズに7巡目で指名された。今後は球団側との入団交渉を進める。東大からのプロ野球選手誕生となれば、2004年に横浜ベイスターズ(当時)に9位指名された松家卓弘さん以来史上6人目となる。

 

 大勢の報道陣が詰めかけた指名後の記者会見で、宮台投手は「まずは無事に指名されてうれしい」と緊張した面持ちであいさつ。東京大学運動会の公式マスコット・イチ公から花束を渡されると笑みを浮かべた。プロへの決意を問われると、「指名された選手の中で一番下手な選手という気持ちで頑張る。1日でも早く1軍の舞台で活躍できる選手になりたい」と語った。

 

 

 宮台投手は1年秋から東京六大学野球のリーグ戦に登板。初めて規定投球回に達した2年秋にリーグ4位の防御率2.17で「ファンが選ぶMVP」に選ばれるなど頭角を現すと、3年春はリーグ4位の防御率2.05、4完投・2勝と輝かしい成績を残す。

 

 3年秋は肩の故障で1登板にとどまり、4年春も改造したフォームがなじまず防御率8点台に終わる。しかし今季は防御率5点台ながら、4完投で二つの完投勝利を挙げていた。リーグ戦通算成績は6勝13敗、防御率4.26。

(文・関根隆朗)

 

【関連記事】

日本ハム7位指名・宮台投手 記者会見一問一答


2017年10月26日20:20【記事修正】第1段落「北海度日本ハムファイターズ」は「北海道日本ハムファイターズ」の誤りでした。おわびして訂正します。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年04月19日

6季ぶり1部で、1点も奪えず連敗 ホッケー男子

SPORTS 2018年11月13日

【部員が見る東大軟式野球2018秋⑩】最終戦は慶大に4ー2で勝利 今季は通算3勝で閉幕

SPORTS 2018年11月12日

【部員が見る軟式野球2018秋⑨】新人活躍も逆転負け 立大に2ー4

COLUMN 2018年01月22日

激しさとスピード感を兼ね備えた平昌五輪「アイスホッケー」の見どころ

SPORTS 2016年07月13日

七大戦開会式を安田講堂で挙行 硬式テニス男子で優勝し、東大が首位を快走

TOPに戻る