LATEST NEWS 2015年7月27日

東京大学新聞社 本郷キャンパスツアーを主催 今後も開催検討

東京大学新聞社は7月11日、本郷キャンパスで新聞の定期購読者とその関係者を対象に、キャンパスツアーを主催した。

SONY DSC

赤門についての説明に聞き入る参加者(撮影・小原寛士)

 ツアーには事前に応募した東大生の保護者ら27人が参加した。参加者は好天の下でキャンパス内を散策し、赤門や安田講堂、「内田ゴシック」と呼ばれる建物などを見学。東京大学新聞社員が各施設を説明し、参加者は「赤門には東大が修復した際に『学』の旧字体が入れられた」といった雑学などに聞き入った。

参加者からは「暑かったが、深い話を聞けて楽しく見学できた」などの感想が寄せられた。東京大学新聞社では、今後本郷以外にも駒場や柏も含めて同様の企画を検討している。

この記事は、2015年7月21日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2724_7_21pop.png

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2016年09月13日

「医学系論文に不正」 東大が匿名の告発状2通を受理し予備調査を開始

COLUMN 2015年01月19日

駒場キャンパス紹介:学際的で国際的なキャンパス

EVENT 2016年11月18日

初日から300人来場!いま話題の「東京大学制作展『FAKE FUTURE』」ではどんな体験ができるのか?

NEWS 2018年03月14日

駒場コモンズ 第2体育館南で埋蔵文化財調査

NEWS 2016年12月30日

【東大2016総決算⑦:来年に向けて】地方女子に家賃支援

TOPに戻る