LATEST NEWS 2015年7月27日

東京大学新聞社 本郷キャンパスツアーを主催 今後も開催検討

東京大学新聞社は7月11日、本郷キャンパスで新聞の定期購読者とその関係者を対象に、キャンパスツアーを主催した。

SONY DSC

赤門についての説明に聞き入る参加者(撮影・小原寛士)

 ツアーには事前に応募した東大生の保護者ら27人が参加した。参加者は好天の下でキャンパス内を散策し、赤門や安田講堂、「内田ゴシック」と呼ばれる建物などを見学。東京大学新聞社員が各施設を説明し、参加者は「赤門には東大が修復した際に『学』の旧字体が入れられた」といった雑学などに聞き入った。

参加者からは「暑かったが、深い話を聞けて楽しく見学できた」などの感想が寄せられた。東京大学新聞社では、今後本郷以外にも駒場や柏も含めて同様の企画を検討している。

この記事は、2015年7月21日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2724_7_21pop.png

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年05月03日

A Reflection of My First Year in UTokyo

COLUMN 2014年09月17日

本郷歩けば●●に当たる。なぜ本郷にはカレー屋が多いのか?

COLUMN 2016年06月10日

駒場を盛り上げる『切り込み隊長』 駒場文化推進委員会の活動

NEWS 2018年08月15日

史料編纂所図書室の利用方法が変更に 耐震改修工事に伴い、2019年度から

NEWS 2016年12月30日

【東大2016総決算⑦:来年に向けて】地方女子に家賃支援

TOPに戻る