SPORTS 2017年5月7日

硬式野球 またも2桁失点で立大に連敗 今季8戦を終えて未勝利

 硬式野球部(東京六大学野球)は5月7日、立教大学との2回戦を戦い、2―11で大敗した。初回に今季初の先制に成功し、2日連続で先発の濱﨑貴介投手(理Ⅱ・2年)が5回3失点と粘りを見せたが、後続の投手が相手打線を抑えられず2戦連続の2桁失点を喫した。今季8試合を終えていまだ白星のない東大は、5月20・21日に法政大学と戦う。

 

東大 | 1 0 0 0 0 0 0 1 0 | 2

立大 | 0 0 1 1 1 3 1 4 X | 11

 

 東大は初回、先頭の宇佐美舜也選手(法・3年)が中越えの二塁打で出塁。犠打で三塁に進むと相手の暴投で生還し、今季初の先制に成功する。2日連続の先発マウンドとなった濱﨑投手は、初回・二回と先頭打者を出しながらも変化球がコーナーに決まり、無失点でしのぐ。三回に1死三塁から左前適時二塁打で同点とされ四回・五回にも1点を献上するが、大崩れはせず5回を3点にまとめて試合を作る。

 

初回、宇佐美選手(#8)が先制のホームを踏む(撮影・小田泰成)

 

 濱﨑投手の粘りに応えたい打線だが、二~四回は1人も走者を出せず、五回の1死一、二塁の好機も後続が倒れて生かせない。すると六回、濱﨑投手の後を継いで登板した溪亮(たに・たすく)投手(文・3年)が頭部付近を打球が直撃するアクシデントにも見舞われ、内野安打と盗塁で2死二塁とされると、中越えの適時三塁打でリードを広げられる。七回、八回にも代わった投手が相手4番に2打席連続本塁打を打たれ、大量リードを許してしまう。

 

 打線は八回に相手の失策や死球などから無死満塁の好機を作ってクリーンアップに回すが、内野ゴロの間の1点止まり。四死球での走者を確実に得点へ結び付けた相手打線とは対照的で、相手のミスにつけ込めなかった。序盤は粘りを見せていただけに、悔いの残る試合内容となった。

 

(文・関根隆朗)

 

2017年5月7日18:40【記事修正】スコアを訂正しました。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

EVENT 2018年05月24日

「プロ集団」の本格演奏を地元でも 東大オケがサマーコンサートを開催

COLUMN 2015年03月30日

サークル紹介:東京大学新聞社 毎週発行、紙の「東京大学新聞」はどう作られるのか

SPORTS 2019年12月27日

【東大スポーツ2019総括】ラクロス男子 苦しみながらも関東準優勝 高い目標掲げて大きく成長

SPORTS 2017年05月14日

アメフト部 京大に35失点し完封負け オープン戦3連敗

SPORTS 2017年04月15日

【東京六大学野球・速報】東大―慶大 1回戦

TOPに戻る