COLUMN 2020年3月20日

【キャンパスのひと】吉野知明(よしの・ともあき)さん(農・3年)

 

行動力で未来切り開く

 

 2年次夏の体験活動プログラムで、米国プリンストンで有機栽培農家を見学。この体験で自然への愛を実感し、緑に触れる機会の多い農学部緑地環境学専修に進学した。造園系がルーツのこの専修では、竹垣の作成や樹木の剪定などの演習も。想像以上に実地的な授業に「大学でこんな場があると思わなかったです」と日々の充実を語る。

 

 印象に残る課外活動は3年次、三重大学での公開森林実習だ。他大生との本格的な学術交流はほぼ初体験。「東大生だから知識があるだろうという目に身が引き締まり、普段からしっかり勉強せねばと強く感じました」

 

 実習の他に、森林の地域での文化的重要性についてなど、自然に関して多角的に学んできた。大学院進学を予定するも「将来的には大学での学びを生かせる職に就けたら」と抱負を熱く語る。自然への愛で未来を切り開く瞬間が待ち遠しい。


この記事は2020年3月3日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:警戒態勢のなか2次試験実施 新型コロナの影響で合格発表の掲示中止
ニュース:東京都 NTT東 ローカル5Gの普及に向け連携
ニュース:メルカリ 「価値交換工学」で特任教員を公募
ニュース:推薦入試 73人が合格 制度変更近く公表か
ニュース:サウジ財団と支援組織設立
企画:新たな世界への入り口に 編集部員が選んだ入学前に読みたい4冊
企画:実態に即した議論が不足 入試改革の混乱を振り返る
企画:東大入試2020 2次試験傾向概観
企画:2次試験問題と解答例
地域の顔 本郷編:KAJITSU本郷店
キャンパスのひと:吉野知明さん(農・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / OBOG 2014年06月13日

「『東大生思考』を捨てよ!」 ボルテージ津谷会長からのメッセージ

SPORTS 2015年10月03日

東大硬式野球 慶大との1回戦落とす

NEWS 2020年02月12日

マグノンを単一レベルで検出する技術を開発 量子的な実験研究の加速へ期待

NEWS 2019年09月06日

知と人材の集積を生かす Society5.0実現に向けた東大の取り組み

NEWS 2016年07月05日

東大の15年度就職状況、上位顔ぶれ変わらず 情報・通信から新顔も

TOPに戻る