COLUMN 2016年2月6日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 その①

センター試験が終わり、受験生のみなさんは二次試験の勉強に本腰を入れて取り組んでいる頃だろう。残り20日をきった受験生生活を応援するために、東大新聞では勉強にはげむ受験生を応援する特別企画「二次試験カウントダウン」を行っている。 二次試験まで残り19日の今日は、合格すれば通うことになる東京の魅力を紹介する。

01_honban


渋谷、新宿、品川……。名前を聞いたことはあるけどどこにあるかが分からないという読者は、山手線の路線図を見てみよう。山手線は東京の中でも主要な地域を通るため、山手線の路線図を覚えるだけで東京の中心的な地域の地理的関係を把握できる。

東京都は大きく23の特別区とその他の市部、そして離島から構成される島しょ部の町村により構成されている。東京の東側が23区で、渋谷区や新宿区など東京の経済の中心となっている地域が多く含まれ、いわゆる都心といった雰囲気だ。 23区の西側は市部が広がり、三鷹市や八王子市、青梅市などがある。23区に接している地域は比較的都会の要素が強いが、西に行くと高尾山や奥多摩などアウトドアが楽しめる場所が増えてくる。三宅島にある三宅村や八丈島にある八丈町なども実は東京都だ。

東京の魅力の一つは博物館や美術館などが豊富にあることだ。上野の国立西洋美術館、東京駅近くのブリヂストン美術館、六本木の国立新美術館など魅力的な美術館が数多くある。博物館については上野の東京国立博物館、国立科学博物館、お台場の日本科学未来館といった大規模な博物館の他、葛西の地下鉄博物館、目白の切手の博物館、目黒の目黒寄生虫館などそれぞれのテーマに焦点を当てた博物館も多い。

東京には伝統文化に触れられる場所も多く、両国の両国国技館では大相撲の興行が行われ、銀座の歌舞伎座では歌舞伎の演目を楽しむことができる。谷中、浅草など下町情緒あふれる街も多く、江戸時代から栄えてきた長い歴史を感じることができる。

休日遊びに行く場所として動物園、水族館、遊園地なども良いだろう。東京にはパンダが見られることで評判の上野動物園、動物と身近に触れ合うことができる井の頭自然文化園、約350種の動物を飼育している多摩動物公園などがある。葛西臨海水族園や池袋のサンシャイン水族館、しながわ水族館なども動物好きにはたまらないだろう。 お台場の東京ジョイポリスは本格的なアトラクションの他リアルなアーケードゲームを楽しむことができる。池袋のナムコ・ナンジャタウンにはテレビゲームの世界に入ったかのようなアトラクションが多い。かわいいキャラクターがたくさんいて、特に猫好きにおすすめだ。浅草花やしきは一昨年160周年を迎えた伝統のある遊園地だ。 最後に忘れてはいけないのが東京の象徴とも言える東京タワーだ。333mもある東京タワーからは都心の景色を一望することができる。特に東京の夜景はきれいで、恋人と来ればロマンチックなデートになるだろう。最近できた634mの東京スカイツリーは周辺も洋服店や飲食店が立ち並び、ショッピングが楽しめる。夜になるとスカイツリーのライトアップも行われており、デートスポットとして最適だ。

(文 編集部)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年02月24日

東大生に聞いた受験当日の感想〈国語・数学編〉

NEWS 2014年03月12日

前期合格発表 掲示実施されず 合格最低点、文科各類軒並み低下

NEWS 2016年06月05日

国内最高性能のスパコン、筑波大と共同で導入

COLUMN 2017年02月05日

【東大受験生応援連載】現役東大生が語る!東大合格の秘訣とは

NEWS 2017年03月23日

総合図書館、改修工事に伴う代替措置詳細を公表 現状以上の学習スペースを確保

TOPに戻る