LATEST NEWS 2014年10月6日

英語一列グレード分け発表

学部1年生の必修科目「英語一列」の冬学期のグレード分けが1日、明らかになった。東京大学新聞社は夏学期の結果も踏まえ、科類別に習熟度ごとの人数の推移などを分析。成績上位1割の学生で構成される「G1」について、文科各類と理Ⅰでは人数が増加した一方、理Ⅱ・Ⅲでは減少した。夏学期に下位6割に当たる「G3」だった学生のうち、約75%は冬学期もG3のままだった。(構成・石原祥太郎)

eigoiti

英語一列は2013年度より三つの習熟度別クラスが導入され上から「G1」(全体の1割)、「G2」(同3割)、「G3」(同6割)となっている。夏学期の区分は前期日程入試の成績に応じて決定。冬学期は、夏学期の英語一列の期末試験の成績で決まる。
G1の人数を夏・冬学期で比較すると、文Ⅰ・文科各類と理Ⅰで増加。特に理Ⅰでは、74人から118人に増えた。一方で理Ⅱでは60人から46人、理Ⅲでは43人から25人へと減少している。
今回集計した3126人のうち、夏学期にG3だったのは1935人。冬学期にはそのうちの約3%(58人)がG1、約22%(428人)がG2になった。約75%(1449人)はG3のままとなっている。

データは教養学部の発表に基づく。夏・冬学期共に英語一列を履修する2014年度入学者のみを対象に集計した。

◆◇◆

 詳細な分析は、2014年10月14日発行号に掲載予定です。1部175円(税込)で、生協書籍部などで購入可能です。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2017年07月11日

進学選択志望集計 経、60人以上の大幅増 文Ⅰ→法は減少に歯止め

NEWS 2014年03月18日

[PLAY BACK]ニュース:「優3割」全学部で導入へ

NEWS 2014年10月03日

2015年度進振り第2段階結果を発表 文Ⅰ→法学部が定員割れ

NEWS 2017年05月27日

東大進学選択注意点 自分の意志重視の志望へ 第2段階で変更大

COLUMN 2014年03月14日

「語弱」から「語強」になるために必要なこと

TOPに戻る