SPORTS 2017年10月26日

箱根駅伝予選会 近藤選手が個人20位の好走で、本大会出走へ

東大記録を更新し来年1月2、3日の箱根駅伝本大会出場の可能性を濃厚にした近藤選手(写真は近藤選手提供)

 

 第94回箱根駅伝の予選会が14日、東京都立川市で行われ、陸上運動部の近藤秀一選手(工・3年)が20キロを59分54秒で走り関東学生連合チームに選ばれた。連合チーム唯一の59分台で、来年1月2、3日の本大会出走が濃厚。東大の学部チームは11時間00分18秒の32位、大学院チームは12時間08分41秒の49位だった。

 

 近藤選手は、5キロ通過14分50秒と日本人トップ集団の後方に位置取り、10キロを過ぎてもトップ集団を維持し、最後まで5キロ15分前後の安定したペースで走り抜けた。「集団の中で余裕を持って走り、最後のアップダウンでも走りを崩さないことを意識した」と近藤選手。充実した練習を継続できたこと、「主将・エースの意地を見せたいと思い苦しい時も気持ちを切らさなかったこと」が、東大初の1時間切り、個人20位の好記録につながったという。

 

 近藤選手は前回・前々回大会も連合チーム入りしたが、共に補欠に甘んじていた。昨年まで連合チーム参加は2回以内とされていたが、規定改正で出走権が復活。本大会で出走すれば、東大生としては2005年の松本翔さん以来13年ぶりだ。「人の心を動かす走りを目指し、最大限の準備をする」と意気込んでいる。


この記事は、2017年10月24日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

 

ニュース:制度変更はおおむね好評 「新生」第2段階 学生の反応 
ニュース:科研費 東大に最多配分額 採択件数は9年ぶり減
ニュース:農・大学院入試で誤った不合格通知
ニュース:近藤選手が本大会出走へ 箱根駅伝予選会 個人20位の好走
ニュース:進学選択 文で追加内定「本年度限りの措置」
ニュース:11月にプレテスト実施 大学入試新テスト 全国延べ19万人対象
ニュース:中性子星の重力波検出 東大参加チームも追観測
ニュース:木曽観測所 地球に接近した 小惑星を動画撮影
企画:魅力を知れば世界が広がる 東大生に聞く「3大SNS」それぞれの使い方とは 
企画:世界を魅了する利便性 iPhone10周年、アップルの強みとは
推薦の素顔:中山裕大さん(理Ⅰ・1年→理学部)
火ようミュージアム:岩立フォークテキスタイルミュージアム 高地に暮らす人々の毛織物 ―中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部
東大最前線:自然災害と生態系
キャンパスガイ:ウィジャヤ=テオドルスさん(理Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。


2017年10月27日12:45【記事修正】最終段落第2文の誤植を修正しました。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2018年05月06日

硬式野球 0-1でサヨナラ負け 小林投手が好投見せるも早大に惜敗

COLUMN 2017年05月25日

【サークルペロリ】東京大学アマチュア無線クラブ 自分の力で通信

NEWS 2017年10月08日

硬式野球 法大に連勝で15年ぶり勝ち点 前半の大量得点を救援の宮台投手が守り切る

NEWS 2018年11月08日

プロゴルファー・横峯さくら選手も参画 スポーツ先端科学研究拠点が新プロジェクト

COLUMN 2014年04月03日

【サークル奮闘記】駒場で開かれる「2.4時間テレビ」とは?

TOPに戻る