LATEST NEWS 2019年10月11日

地球温暖化の経済被害を推計 軽減の可能性あり

 高倉潤也研究員(国立環境研究所)や沖大幹教授(未来ビジョン研究センター)らは、複数分野にわたる地球温暖化による世界全体の経済的被害額を推計し、被害額を最小で世界のGDPの0.4〜1.2%相当に抑えられることを明らかにした。成果は9月25日付の英科学誌『ネイチャー・クライメート・チェンジ』に掲載された。

 

 地球温暖化の影響を測る上では、経済的被害額を推計する方法がある。しかし温暖化対策の方法などで被害の程度は変わる上、将来の気候予測は不確実なため、推計は困難だった。

 

 今回は海面上昇など、温暖化の影響を受けるとされる九つの分野で推計を実施。将来の温室効果ガス排出量についてはRCP、社会経済状況についてはSSPというシナリオを用いた。結果は4段階のRCPと5段階のSSPを組み合わせた20通りで算出した。

 

 

 2016年発効のパリ協定で定められた、世界の平均気温上昇を今世紀末時点で産業革命前から2℃未満に抑える目標が達成されたシナリオでは、被害額は世界のGDPの0.4〜1.2%相当に抑えられることが分かった。一方最悪のシナリオでは、被害額は世界のGDPの3.9~8.6%になった。

 

 他の結果から、開発途上国が多い地域では温室効果ガス排出削減だけでなく、社会経済状況の改善が被害軽減に重要であることも判明。地球全体で見た場合、人為的な温室効果ガス排出削減や社会経済状況の改善が被害額軽減につながるかどうかは、短期的には気候予測の不確実さのため不明だが、中長期的には被害軽減の可能性が高いことも示唆された。


この記事は2019年10月8日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース:アジア初の重力波観測拠点へ 重力波望遠鏡KAGRA年内に本格稼働
ニュース:新型タンパク質 「ヘリオロドプシン」構造解明
ニュース:2年連続総合3位に 第58回七大戦閉幕
ニュース:総合図書館 試行結果反映し 3人席導入継続
ニュース:システムデザイン研究センター開設
ニュース:地球温暖化の経済被害を推計軽減の可能性あり
ニュース:熱戦も初勝利ならず アメフト 法政大に惜敗
ニュース:ヘリウムガスの再液化事業拡大
企画:学力と音楽経験との関係は? 日本の音楽教育の歴史と成果
企画:全ての人が心地良い空間へ ムスリムのためのハラル認証制度を考える
推薦の素顔:豊島伊織さん(文Ⅲ→育)
知のrecipe:漬魚のコクうまパスタ
NEW GENERATION:神経科学
漫画×論評 TODAI COMINTARY:『ちーちゃんはちょっと足りない』阿部共実
キャンパスガイ:中溝陽平さん(文Ⅲ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2014年06月17日

ドワンゴ川上会長「大学は、教育ではなく研究をしてほしい」

2019年10月01日

重力波望遠鏡KAGRA本格稼働へ 世界水準の観測精度に期待

2019年10月03日

物性研究所 ヘリウムガスの再液化事業開始 安定したヘリウム供給へ

COLUMN 2019年08月19日

Take a Walk through Todai’s Campuses with Dr. Thurgill #3 Building 1, Komaba Campus

NEWS 2019年06月18日

液体のりで造血幹細胞増幅 山崎特任准教授ら 血液疾患の治療に貢献

TOPに戻る