LATEST NEWS 2015年7月20日

本郷にて濱口竜介監督の作品上映会+トークショー

ロカルノ国際映画祭への出品が決まった濱口竜介監督の作品上映会とトークショーが、7月19日(日)に本郷キャンパスの福武ラーニングシアターであった。

上映会では『PASSION』と『親密さ』の2作品が上映され、170人ほどの観客が講堂を埋めつくした。

P7195024a.jpg

上映後のトークショーでは、冒頭に司会が、第68回ロカルノ国際映画祭インターナショナルコンペティション部門に正式出品された監督作『ハッピーアワー』について触れ、会場は大きな拍手に包まれた。

トークショーでは、映画ファンや東大生から多くの質問が監督に投げかけられた。暗い映像を多用する理由を聞かれた濱口監督が、「(撮影クルーの人数が少なくて)照明がいないからです」と答え、会場が笑いに包まれる場面もあった。

P7195013.JPG

(文責 須田英太郎)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年12月06日

【著者に聞く】21世紀のアニメーションがわかる本 アニメは「私たち」の時代へ

NEWS 2014年12月18日

東大生、ロサンゼルスでドキュメンタリー制作

COLUMN 2014年05月13日

人を殺すのはなぜ悪い? 映画『アクト・オブ・キリング』が全世界で注目されているわけ

COLUMN 2016年10月02日

摩天楼の中で、映画プロダクションを学ぶ。【連載:映画留学記2】

INTERVIEW / OBOG 2015年12月01日

ナント三大陸映画祭「銀の気球賞」『ハッピーアワー』濱口竜介監督の映画観に迫る

TOPに戻る