LATEST NEWS 2020年3月27日

大学院准教授2人に懲戒処分 学生へのハラスメント行為で

 東大は3月24日付で、大学院所属の准教授(40代男性。A准教授)と准教授(40代女性。B准教授)にそれぞれ停職6カ月と戒告の懲戒処分を行った。

 

 A准教授は指導教員として指導していた大学院生(女性。Cさん)、自身主宰のゼミに出席していた大学院生(女性。Dさん)の2人に、女性研究者の結婚や妊娠、出産、子育てと研究活動が両立し得ないと繰り返し述べた他、不適切な侮辱をした。B准教授は自身主宰のゼミに参加したDさんに、他の学生の面前で研究活動を否定する発言をした。さらにA准教授主宰のゼミで、Cさん、Dさんの結婚などのプライベートと研究をやめることを結び付けて発言するなどのハラスメントを行っていた。

 

 両准教授のハラスメント行為は就業規則38条第5号に定める「大学法人の名誉又は信用を著しく傷つけた場合」などに該当するとされ、懲戒処分が下された。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年03月20日

【キャンパスのひと】吉野知明(よしの・ともあき)さん(農・3年)

COLUMN 2019年11月30日

【論説空間】 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来

NEWS 2019年06月29日

ナノチューブで光電変換の効率が大幅に向上 次世代太陽電池の実現へ

NEWS 2019年11月08日

特定の文字から特定の色を想起する色字共感覚 文字の知識で想起する色変化

COLUMN 2019年11月11日

【細胞農業連載】② 代替タンパク質市場の現状と細胞農業が注目される理由

TOPに戻る