2019年10月3日

物性研究所 ヘリウムガスの再液化事業開始 安定したヘリウム供給へ

 物性研究所は1日、学外の学術機関などから回収したヘリウムガスを研究所内の低音液化室に設置されている装置で液化し、再提供する事業を開始した。ヘリウムはその安定性、熱冷却性能の高さゆえに多くの基礎研究や製品の製造過程で用いられる。

 

 しかし、主要な輸入元であるアメリカの国外販売終了や中東の情勢不安、産業界での需要の拡大などにより、ヘリウムの産出がない日本への輸入量が大幅に減少し、学術機関への影響が出ていた。今回の事業はこれらの現状を受け、これまで柏キャンパス内で行ってきたヘリウムの再液化事業を学外へ拡大したもの。海外情勢に左右されない安定したヘリウム供給の実現が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年07月23日

東大における女性研究者の現状(前編) 働きにくい職場 変革は必須

NEWS 2016年11月23日

2016年秋の紫綬褒章 工学系研究科の3教授が受章

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年05月18日

【AIの社会実装と応用③】進化続けるプログラム 杉山将教授

COLUMN 2017年03月26日

【こんなところに東大が】チリ・アタカマ砂漠 世界最高水準の望遠鏡設置へ

NEWS 2019年07月11日

教員の研究時間割合 02年度より13.6ポイント減

TOPに戻る