2019年10月3日

物性研究所 ヘリウムガスの再液化事業開始 安定したヘリウム供給へ

 物性研究所は1日、学外の学術機関などから回収したヘリウムガスを研究所内の低音液化室に設置されている装置で液化し、再提供する事業を開始した。ヘリウムはその安定性、熱冷却性能の高さゆえに多くの基礎研究や製品の製造過程で用いられる。

 

 しかし、主要な輸入元であるアメリカの国外販売終了や中東の情勢不安、産業界での需要の拡大などにより、ヘリウムの産出がない日本への輸入量が大幅に減少し、学術機関への影響が出ていた。今回の事業はこれらの現状を受け、これまで柏キャンパス内で行ってきたヘリウムの再液化事業を学外へ拡大したもの。海外情勢に左右されない安定したヘリウム供給の実現が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / PROFESSOR 2015年03月21日

赤ちゃんの気持ちがわかるデバイス!? 「おしゃぶりセンサ」開発者インタビュー

COLUMN 2019年11月18日

【細胞農業連載】③日本におけるさまざまな取り組み

NEWS 2020年04月06日

シリコン負極電池実用化へ道 二次電池容量20%増

NEWS 2020年02月12日

マグノンを単一レベルで検出する技術を開発 量子的な実験研究の加速へ期待

NEWS 2019年11月05日

スピン流を高効率で運ぶ材料発見 スピントロニクス材料の開発の加速へ

TOPに戻る