2019年10月3日

物性研究所 ヘリウムガスの再液化事業開始 安定したヘリウム供給へ

 物性研究所は1日、学外の学術機関などから回収したヘリウムガスを研究所内の低音液化室に設置されている装置で液化し、再提供する事業を開始した。ヘリウムはその安定性、熱冷却性能の高さゆえに多くの基礎研究や製品の製造過程で用いられる。

 

 しかし、主要な輸入元であるアメリカの国外販売終了や中東の情勢不安、産業界での需要の拡大などにより、ヘリウムの産出がない日本への輸入量が大幅に減少し、学術機関への影響が出ていた。今回の事業はこれらの現状を受け、これまで柏キャンパス内で行ってきたヘリウムの再液化事業を学外へ拡大したもの。海外情勢に左右されない安定したヘリウム供給の実現が期待される。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2019年04月29日

世界初 窒素と水からアンモニアの合成に成功

NEWS 2017年04月11日

THE日本版大学ランキング、初実施で東大が1位 評価は教育力を重視

COLUMN 2018年06月30日

「卓越大学院」は博士離れを食い止めるか?文科省・松尾審議官インタビュー

INTERVIEW / PROFESSOR 2016年03月22日

「ひたすら実験、全てが楽しかった」ノーベル物理学賞受賞・梶田教授インタビュー

NEWS 2019年05月29日

東大に採用を白紙撤回された宮川剛教授の思い 「採用手続きの改善を」

TOPに戻る