SPORTS 2015年10月28日

東大ホッケー女子、初の1部で3戦全敗 終盤の失点に泣く

ホッケー部女子(関東学生1部リーグ)は18日、秋季リーグ第3戦で慶應義塾大学と対戦し、終盤に失点して0―1で敗れた。2010年の創立以来初の1部で戦う今季、リーグ戦全3試合で完封負け。1部残留を目指し、11月7日の順位決定予選に臨む。

 

hockey151027

ゴールが決まり、喜ぶ慶大の選手とうなだれる東大の選手(撮影・矢野祐佳)

 

東大|00|0

慶大|01|1

 

東大は序盤から慶大に押される展開が続くが、ゴールキーパーの田中千尋選手(農・3年)を中心に、堅い守りを見せる。前半19、24分には自陣ゴール近くでの反則で慶大にペナルティーコーナー(PC)を与えたが、得点を許さず0―0で試合を折り返す。

 

後半も慶大がボールを支配。主に右サイドから岩﨑絢香選手(慶大・3年)を中心に攻め立て、後半だけで5回のPCを獲得する。しかし東大は再三のピンチを体を張って防ぎ、反撃の機会をうかがう。

 

東大は攻撃に耐えてからのカウンターを試みるが、前線へのパスが通らず決定機を作れない。後半25分にはボールを敵陣ゴール付近まで持ち込んだが、ゴールキーパーに阻まれシュートを打てずに終わった。

 

すると試合残り7分、慶大が均衡を破る。岩﨑選手が右サイドから中に切り込み、倒れ込みながらゴールを決めた。

 

東大は開幕戦で関東学生1部リーグ42連覇中の山梨学院大学と対戦し、力の差を見せつけられ0―25で大敗。続く第2戦では、早稲田大学に0―7で敗れた。東大は1部Aプール4位となり、11月7日に1部Bプール3位の立教大学と対戦。負けると11月28日実施の1部2部入れ替え戦の出場が決まる。

 

(文・石原祥太郎)

 

この記事は、2015年10月27日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年05月07日

硬式野球部 宮台選手が投打で活躍、自身初の完封勝利で07年以来の立教撃破

SPORTS 2016年06月29日

今季3勝、硬式野球部躍進の秘密と課題は?【投手編】

SPORTS 2015年09月17日

東大ラクロス男子 中大・獨大に勝利し開幕3連勝

COLUMN 2016年07月30日

【東大フェンシング部寄稿】リオ五輪「フェンシング」の見どころ

SPORTS 2015年11月03日

箱根駅伝予選会 東大の近藤選手、学生連合入り

TOPに戻る