SPORTS 2017年4月15日

【東京六大学野球・速報】東大―慶大 1回戦

 硬式野球部(東京六大学野球)は4月15日、慶應義塾大学との1回戦を戦った。

 

 慶大は1回裏、1死一塁からセンターの頭を超える三塁打で先制した。その後、レフトスタンドへの本塁打で2点を追加。東大先発の宮台康平投手(法・4年)を打ち込んでいる。

 

 2回裏は宮台投手が先頭から3連続四球で降板。代わった濵﨑投手が打ち込まれ、3失点を喫した。

 

 慶大は3回裏にも、東大のエラーの間に1点を追加し7点リード。

 

 東大は5回表、2番山田選手のタイムリーで1点を返した。しかしその裏、慶大は2死走者なしから本塁打で1点を追加した。

 

 東大は6回表、満塁のチャンスを作ると暴投と宇佐美選手のタイムリーで3点を奪った。その裏、慶大も1点を追加した。

 

 試合は5―9で終了。東大は慶大に敗れた。

 

【ライブ速報】

https://web.playerapp.tokyo/live/3739

 

2017年4月15日14:55【記事訂正】試合結果を「5―9」に修正しました。お詫びして訂正します。


【関連記事】

硬式野球 宮台投手、制球難で5回途中5失点 打線も4安打2得点止まり

硬式野球、3回までに13失点 散発4安打で完封負け

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年07月30日

【東大フェンシング部寄稿】リオ五輪「フェンシング」の見どころ

COLUMN 2016年08月08日

【東大陸上運動部寄稿】リオ五輪「陸上」の見どころ

SPORTS 2019年09月18日

【部員が見る東大軟式野球2019秋⑤】早大に勝利し連敗抜け出す

NEWS 2017年10月23日

硬式野球 明大にあと一歩及ばず惜敗 八回の攻防が明暗分ける

SPORTS 2019年12月26日

【東大スポーツ2019総括】硬式野球 連敗継続も小林投手の好投光る

TOPに戻る