LATEST NEWS 2015年2月13日

ケネディ駐日米国大使、東大で講演

キャロライン・ケネディ駐日米国大使が1月22日、「日米のパートナーシップとグローバルシチズンの役割」をテーマに、駒場Ⅰキャンパス数理科学研究科棟で講演した。ケネディ大使は、集まった約150人の学生に対しグローバル化の意義を英語で述べ、東大生3人と対話を行った。

駐日米国大使写真.JPG

来場者からの質問に答えるケネディ大使

 ケネディ大使は、集まった学生にグローバル化の問題や意義を説明。「飛ぶ前に見よ」という言葉を引用して、海外留学により新しいことを実践、異文化を経験する重要さを述べた。

その後、井上茜さん(養・4年)、梁瀬晴啓さん(養・4年)、ベロワ・ニーナさん(文Ⅲ・2年)との対話を実施。社会における女性の役割や日米の関係、両国の学生の違いなど、幅広いテーマについて議論した。

会場の学生からも質問が飛び交った。成功を収めるために最も大事なことは何か、という質問に対しては「失敗を恐れず自分に自信を持つこと」と回答。全ての質疑は英語で行われ、ケネディ大使からもユーモアを交えた返答が見られた。

今回の対話では前期教養課程の学生を対象に200人が募集され、約150人が会場に足を運んだ。講演は英語で行われたが、日本語による同時通訳も実施された。

この記事は、2015年2月3日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2707_2_3pop.jpg

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2015年12月21日

ロシアの学生は、日本やアメリカをどう見ているのか【連載ロシア留学記4】

COLUMN 2016年01月17日

聖夜の空に揺れるパレスチナ国旗(後編)【パレスチナ留学記5】

COLUMN 2015年12月04日

そしてパレスチナへ【パレスチナ留学記2】

COLUMN 2017年01月30日

バングラデシュと日本 両国で教えて分かった、教育の普遍的価値

COLUMN 2014年05月03日

駒場の留学生が見る、東大の国際化 東大の隠れた少数派―PEAKとは?

TOPに戻る