SPORTS 2016年11月14日

ラクロス男子、慶大にリーグ決勝で大敗 一時リードなど中盤まで互角

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は12日、決勝トーナメント決勝戦(FINAL)を慶應義塾大学と戦い、6―12で大敗した。第2Q(クオーター)に一時逆転するも後半は防戦一方となり点差が開いた。準優勝は5年ぶりで、2005年以来の関東学生1部リーグ優勝はならなかった。

 

慶大 3 2 3 4 |12

東大 0 5 0 1 | 6

 

 第1Q序盤、ボールを積極的に奪い東大がボールを支配するも得点はできない。するとゴール前で慶大にボールを奪われ始め、カウンター攻撃などで開始9分から14分の間に3得点を許す。

 

第2Q、近藤選手のチーム初得点で反撃ののろしを挙げる(撮影・竹内暉英)
第2Q、近藤選手のチーム初得点で反撃ののろしを挙げる(撮影・竹内暉英)

 

 しかし第2Q、東大は再びボールを支配し、敵守備陣の間を抜けるパスを受けたゴール前の近藤駿一選手(法・4年)が得点。その後は、走力とサイドを素早く変えるパスがうまくかみ合い、鐵見周平選手(工・4年)の得点や近藤選手の追加点で、第2Q残り7分で3-3の同点に追いつく。1失点するも鐵見選手がゴールの端を狙ったシュートで残り5分で再び同点となり勢いを渡さない。残り2分で恩田将維選手(工・4年)がゴール前でパスを受け素早く放ったシュートで1点リードする。波に乗りたい東大だったが、慶大にボールを奪われると一気に攻め込まれ失点し、5-5で試合を折り返す。

 

恩田選手(#20)のシュートがネットに突き刺さり逆転に成功(撮影・竹内暉英)
恩田選手(#20)のシュートがネットに突き刺さり逆転に成功(撮影・竹内暉英)

 

 第3Q序盤はボールの奪い合いとなるもシュートが決まらず硬直した展開。しかし中盤に慶大が難しい角度からのシュートで得点したのを皮切りに慶大が勢いに乗り、東大守備陣を次々と突破しで合計3得点。一方の東大はボールを持ってもパスがつながらずにボールを失いシュートチャンスを作れない。第4Qも反則やシュートの連携ミスなどでボールを保持できず攻め手を欠く。慶大が長時間攻め続けて4得点を加え、6点差の大敗となった。

 

第3Qに慶大に3連続得点を許し、5-8と苦しい展開に(撮影・竹内暉英)
第3Qに慶大に3連続得点を許し、5-8と苦しい展開に(撮影・竹内暉英)

 

(横井一隆)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

ラクロス男子 一橋大を破りリーグ通過へ前進

ラクロス男子、中大と引き分け 5点リード守れずリーグ戦突破は最終戦に持ち越し

ラクロス男子、7年連続の決勝トーナメント決定 リーグ最終戦で青学大に快勝

ラクロス男子、5年ぶりの決勝進出 早大に11得点圧勝

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月11日

アメフト 宮山選手の「東大初」の活躍光り43―11で初戦白星

COLUMN 2016年08月08日

【東大陸上運動部寄稿】リオ五輪「陸上」の見どころ

SPORTS 2016年04月18日

【部員が見る軟式野球②】明治の勢い止められず、今季初黒星

SPORTS 2016年11月24日

東京六大学選抜vsヤクルト 東大から3人が出場 三木投手が1回ピシャリ

SPORTS 2015年07月11日

東大アメフト 防衛大に白星でオープン戦閉幕

TOPに戻る