2016年8月15日

ラクロス男子 序盤の失点響き、開幕戦で慶大に4点差完敗

 ラクロス部男子(関東学生1部リーグ)は8月13日、リーグ開幕戦を慶應義塾大学と戦い、序盤の失点が響いて7-11で敗れた。東大は第1クオーター(Q)に3点差を付けられると、中盤以降その差を詰められなかった。東大は6チームによるブロックで2位以上に与えられるFINAL4(決勝トーナメント1回戦)出場権獲得を目指し、10月上旬までリーグ戦を戦う。

 

東大|0232|7

慶大|3242|11

 

 最初に攻撃を仕掛けた東大だったが、シュートを止められるとカウンターからあっさり先制を許す。その後の攻撃は動きが固く、パスを落とすなどミスが続出し流れを作れない。ゴール前に踏み込めず、ロングシュートを打つも止められてカウンターから失点するという形が続いて、0―3で第1Qを終える。

 

第2Q中盤、張選手のゴールで1点差に迫る(撮影・竹内暉英)
第2Q中盤、張選手のゴールで1点差に迫る(撮影・竹内暉英)

 第2Qに入るとパスが決まり出し、鐵見周平選手(工・4年)のシュートでようやく初得点を挙げる。さらに反則でボールを奪うと、ゴーリーと一対一の好機を作った張曄選手(工・4年)がシュートを決め1点差に詰め寄る。ところが直後、ゴール裏から切り込んだ慶大の選手が振り向いてそのままゴール。前半終了間際にももう1点を加えられ、3点差のまま後半を迎える。

 

2点差に迫った第3Q、慶大の3連続得点で突き放される(撮影・竹内暉英)
2点差に迫った第3Q、慶大の3連続得点で突き放される(撮影・竹内暉英)

 

 第3Q開始直後に慶大に追加点を奪われた東大は、そこから意地を見せる。恩田将維選手(工・4年)がロングシュートを決めると、次の相手のシュートを防いでカウンターを仕掛け、パスを受けた三島魁選手(経・4年)のゴールで一気に2点差に。さらに次の攻撃も止めて速攻を狙うが、ゴーリーとの一対一を外して決定機を逃す。攻撃を続ける東大だが、逆にシュートを止められてカウンターを仕掛けられるなど連続で3点を奪われ5点差に。これで敗色が濃厚となり、第4Qも点差を詰めることができず4点差の完敗を喫した。

 

(文・竹内暉英)

 

【関連記事】

ラクロス男子、体格で上回る相手に苦戦 米・ホフストラ大に敗北

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

2016年04月11日

硬式野球部、9安打放つも11残塁 8失点で2試合連続の完封負け

2015年01月07日

東大アメフト 1部下位リーグBIG8に残留

NEWS 2017年10月23日

硬式野球 明大にあと一歩及ばず惜敗 八回の攻防が明暗分ける

COLUMN 2014年03月17日

【サークル奮闘記】「本を書きたい」学生を発掘して出版社に売り込む! 出版甲子園実行委員会

2016年05月07日

【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

TOPに戻る