LATEST NEWS 2015年6月18日

中国ネット大手バイドゥが、東大発ベンチャー popIn を買収

中国のインターネット検索サービス最大手「百度(バイドゥ)」の日本法人は8日、インターネット記事の熟読度合いを測る独自技術を基に広告事業を展開する東大発ベンチャー「popIn(ポップイン)」を5月に買収したと発表した。買収額は非公表。ポップインの技術を取り込み、広告事業の発展を目指す。

バイドゥはポップインの全株式を取得し、経営統合した。日本では今後もポップインが事業を継続し、他のアジアを中心とした世界市場ではバイドゥが最先端技術を用いた展開を図る。

ポップインは程涛(テイトウ)代表取締役が、情報理工学系研究科修士課程在籍中の研究成果を基に2008年に設立した。読了率や読了時間からインターネット記事の満足度を測る技術を生かし、日本の企業向け事業を展開。東京大学エッジキャピタルや産学連携本部の支援を受け、本郷キャンパスにあるベンチャー企業向け施設アントレプレナープラザに本社を置く。

この記事は、2015年6月16日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2721_6_16popb.png

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2014年07月10日

なぜDeNAに入社する東大生が多いのか? 新卒の4分の1を東大生が占める理由

INTERVIEW / FEATURE 2014年03月14日

5年後どうなるかわからなくても夢を追いかけてベンチャーへ はあちゅうさんインタビュー3

NEWS 2015年02月11日

ユーグレナが日本ベンチャー大賞を受賞

NEWS 2016年12月07日

東大・経団連が連携しベンチャー企業を育成 「産学の壁を超えた本格的な連携を」

INTERVIEW / OBOG 2014年07月28日

新卒でベンチャーに行け!? 東大出身起業家が語るベンチャー論

TOPに戻る