SPORTS 2020年1月16日

七大戦 東大は最下位発進 アイスホッケー欠場響く

 

 旧帝国大学に当たる日本国内の七つの国立大学による、第59回七大学総合体育大会(七大戦)が12月9日に開幕し、12月28日〜1月4日にスキーが行われた。前回の総合3位から4年ぶりの総合優勝を狙う東大は、スキーで6位となり2点を獲得した。12月9〜15日にはアイスホッケーが行われたが、東大は不参加のため得点が加算されず。2競技が終了した10日終了時点の総合成績で東大は最下位となっている。

 

 スキーは、北海道大学を除く6大学に一橋大学、神戸大学、東京工業大学を加えた国立九大学スキー選手権大会の結果を七大戦に反映。東大は男子5位、女子6位で総合6位となり、北大を除く六つの旧帝大の中では最下位に終わった。

 

 七大戦は各競技で順位に応じて加算される得点の合計を競う。主管校は7大学持ち回りで務め、今回の主管校は大阪大学。


この記事は2020年1月14日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今③学生寮 教育の場としての学生寮を デジタル化時代の大学教育の在り方とは
ニュース:阿部選手10区を駆ける 箱根駅伝 「悔しいが未練ない」
ニュース:教養学部学部交渉 食事環境の整備など6項目を要求
ニュース:理学系・西増准教授が受賞へ 日本学術振興会賞 生研・野村准教授も
ニュース:流体中の微小粒子を安価簡便に自動測定
ニュース:遺伝子発現の制御に茶カテキンが関係
ニュース:七大戦 東大は最下位発進 アイスホッケー欠場響く
企画:国境越えた中国茶の世界 歴史や味わい方をのぞき見
WHO,ROBOT:第3回 ロボット通じ学生の挑戦促す 「ヒト型ロボット」研究開発の意義とは
教員の振り返る東大生活:インド哲学仏教学研究室 蓑輪顕量教授(人文社会系研究科)
研究室散歩:@情報熱力学 沙川貴大准教授(工学系研究科)
青春の一冊:畑村洋太郎編著『実際の設計 機械設計の考え方と方法』 高橋宏和准教授(情報理工学系研究科)
キャンパスガイ:堀井崇史さん(理Ⅰ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2017年06月13日

東大アメフト部 今季初TDも39失点で大敗 オープン戦ここまで4戦勝ち星なし

NEWS 2017年10月26日

日本ハム7位指名・宮台投手 記者会見一問一答 

NEWS 2017年10月01日

硬式野球 五回までに大量10失点 新堀選手が今季2号本塁打も早大に連敗

COLUMN 2018年01月16日

【2017年12月アクセスランキング】東大生のSNS事情に高い関心

NEWS 2018年02月05日

駒場コモンズ計画 仮設体育館建設へ 2月5日に着工

TOPに戻る