LATEST NEWS 2015年7月10日

2014年度卒業・修了者の就職状況 銀行・商社が上位独占 院は日立が6年連続

 東京大学新聞社は、各学部・研究科への問い合わせを基に、2014年度卒業・修了者の就職状況を集計した。学部卒業者の就職先で最も多かったのは4年連続で三菱東京UFJ銀行、大学院修了者では6年連続で日立製作所が最多だった。学部卒業者の就職先では、大手銀行と大手商社が上位を占めた。中央省庁への就職では、学部卒業者では経済産業省と警察庁が、大学院修了者では国土交通省が最も多かった。

就職先図表.png

《データの集計方法》

 14年度卒業・修了者は15年3月卒業・修了者以外にも、14年9月卒業・修了者などを含む。データは各学部・研究科への問い合わせを基に作成しており、各学部・研究科に報告していない者や、就職を辞退した者などの人数が反映されていないため、実際の就職者数とずれが生じる場合がある。一部の学部・研究科では進学者数が未公表になっている。

本データの転載については、np(at)utnp.orgまでお問い合わせください。

7月7日発行の本紙(就職特集号Ⅱ)では、各学部・研究科ごとの詳細なデータを掲載しています。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月18日

人はどのように選ばれる?…行動心理学アイエンガー教授から就活生へのアドバイス

INTERVIEW / OBOG 2014年03月31日

迷った時は、「後悔してもより納得がいく」ほうを選ぶ 桝アナウンサーインタビュー2

INTERVIEW / OBOG 2016年02月28日

現場の課題を見つけ、問いを作る力を身につけるには。 リディラバ 安部敏樹さん3

COLUMN 2014年06月16日

NPOやNGOに価値を与えられるコンサルタント集団としての地位を5年以内に確立したい

EVENT 2016年04月13日

金融機関の生き残り策は“プラットフォームビジネス”…FinTechイベントレポート①

TOPに戻る