LATEST NEWS 2016年4月21日

東大の一般入試合格者、半数が推薦に反対

 東京大学新聞社は新入生全員を対象に3月29、30日に受験・大学生活・進路・社会問題に関するアンケートを実施し、新入生3146人の95%に当たる2995人(推薦入試合格者77人中66人を含む)から回答を得た。アンケートは、毎年入学諸手続き時に行っている、東大生を対象にした唯一の全数調査。今年の新入生にはどのような傾向があるのか、分析した。

(本文中の割合は小数点第1位を四捨五入した)

 

男女比は6:4

 

■推薦入試

●男女比・出身地

Figure (1)

 推薦入試合格者の男女比を見ると男子が62%、女子が38%で、新入生全体(男子80%、女子20%)よりも女子比率は高い。出身地を見ると関東が42%で最多、その他は近畿(15%)、九州(14%)、中部(12%)、中国・四国(11%)、北海道・東北(6%)だった。関東が58%を占める前期試験合格者よりは多様な地域から集まったが、依然として関東出身者が多かった。

 

●センター試験平均点

 自己採点の結果では、推薦入試合格者のセンター試験平均点は788点(66人回答)。前期試験合格者の平均点は816点(2849人回答)で、30点近く前期試験合格者を下回った。

 

●推薦入試受験について

 東大の推薦入試で不合格だった場合に前期日程で受験する予定だった大学を聞くと、東大の前期試験が68%で最多だった。推薦入試合格者の65%は東大が推薦入試を実施していなくても東大の前期試験を受験したと回答。他大学の推薦入試やAO入試を受験した、と回答した人は8%だった。

 推薦入試の情報源としては「高校の進路指導」が44%で最も多く、「ネットや新聞・テレビなどの報道機関」(39%)、「東大の広報」(30%)が続いた。「塾・予備校」は3%にとどまった。

 

●前期試験合格者の反応

 前期試験合格者に推薦入試への賛否を問うと、賛成が53%、反対が47%と拮抗する結果となった。

 

【関連記事】

東大新入生、自民党支持は3割 民進党は4%

東大生の65%が習っていた習い事とは?

5人に1人は「1日12時間以上ゲーム」経験者 ~東大生のゲーム事情~

 


この記事は、2016年4月19日号に掲載した記事を一部抜粋・編集した記事です。本紙では、その他のアンケート結果や、オリジナルの記事を掲載しています。

2618_12_11pop

インタビュー:16年度2次試験現代文の筆者インタビュー 身体的感覚を大事に 内田樹さんインタビュー
ニュース:学部・大学院入学式を挙行 「人類社会に貢献を」 3146人が東大生に
ニュース:宮台投手好投も連敗発進 硬式野球開幕戦 五神総長が始球式
ニュース:1部Lで開幕2連敗 ホッケー男子 1点も奪えず
企画:東大で「一歩前に」
企画:1人暮らしの賢い自炊を 健康的に、楽しく、自分流で
企画:新入生アンケート2016 前期合格者、半数が推薦に反対
企画:研究者への道を考える 広い視野と目的意識を
企画:ジョルダン ライブ対談-Part2【広告】
連載小説:『猫と戦争と時計台』㉕
東大発ベンチャー:HIKARI Lab 清水あやこさん
著者に聞く:『教養としての認知科学』 鈴木宏昭教授(青山学院大学)
キャンパスガール:山口晶子さん(理Ⅱ・2年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年01月29日

女子は試験の日も見ためを綺麗に!東大女子の受験体験談 辻田良枝さんインタビュー

COLUMN 2015年02月13日

私の不合格体験談①

COLUMN 2016年02月10日

受験生応援! 君が通う街 東京案内 電車編①

COLUMN 2018年03月07日

【受験生応援2018】現役東大生が語る韓国朝鮮語学習

COLUMN 2016年01月30日

東大受験本番の思い出① どんなに注意してもミスは起こる

TOPに戻る