LATEST NEWS 2014年12月18日

東大生、ロサンゼルスでドキュメンタリー制作

12月10日駒場キャンパスで、あるドキュメンタリー映画の上映会が開かれた。ロサンゼルスに住む日系人についての2本のドキュメンタリーで、制作したのは6人の東大生。

この夏に行われた、海外体験プログラムで撮影した作品で、どちらも15分程度のショートフィルムだ。

1.JPG

ロサンゼルスに住む日系アメリカ人の家族をインタビューし、日系2世から5世まで、幅広い世代から話を聞いた。

“Herstory”と名付けられた1本目の映画は、20世紀のはじめ、アメリカに住む日本人男性のもとへ写真によるお見合いを通して嫁いだ日本人女性の子孫へのインタビューをもとに構成されている。

 

このような日本人女性を「写真花嫁」と呼び、この映画ではその子孫に結婚にへの感覚を聞いて、世代ごとの考え方の移り変わりを描いている。

民族間結婚への意識や、恋愛事情など、時代とともに変わる価値観を浮き彫りにしていて興味深い。

 

2.JPG

 

二本目の映画は”Preservation”というタイトルで、日系アメリカ人がもつ日本人としてのアイデンティティに焦点をあてている。

自分のルーツが日本であることを意識する度合いは人それぞれではあるが、この映画では数人の特徴的なインタビュイーを通して、アメリカに住むことで日本人としてのアイデンティティをよりいっそう意識することについて描いている。

3la.JPG

これらの映画は、「ロサンゼルスにおける日系人/日本人の歴史と現在を学びドキュメンタリー・フィルムを制作する」という体験活動プログラムで作られた。

体験活動プログラムとは、本学が次世代を担う学生を「よりタフに、よりグローバルに」育成することを目的として、学部学生向けに実施しているプログラムだ。このプログラムは9月7日から18日まで行われ、学生はハリウッドで活躍する映画関係者らからドキュメンタリー制作の知識や技術を教わった。

4la.JPG

 

プログラムに参加した学生は「ドキュメンタリー制作で様々な視点から、多様性に触れることが出来た。チームに留学生が入っていたことでテーマに関する議論が深まったり、ロサンゼルスという初めての土地でそのスケールの大きさに驚くこともあった」と語った。

(文責 須田英太郎

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2017年10月19日

【世界というキャンパスで】額田裕己さん① 大自然での一人旅へ

INTERVIEW / FEATURE 2015年09月01日

社会運動における研究者の役割とは?『首相官邸の前で』社会学者 小熊英二さん

2016年02月15日

Red Bullを交換してヨーロッパを旅する!東大からの応募チームを応援しよう!

INTERVIEW / OBOG 2015年10月27日

東大を中退し演劇の道へ 劇作家・アマヤドリ主宰広田淳一さん

COLUMN 2016年06月29日

東大に代わるアジア大学ランキング首位 シンガポール国立大とはどのような大学なのか

TOPに戻る