LATEST NEWS 2016年10月6日

THE世界大学ランキングでアジア4位に後退 中国・清華大学に抜かれる

figure1

 

 英国の教育専門誌タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)が毎年発表している世界大学ランキングの最新版が9月21日に公表され、東大はアジア圏内で4位に後退し、2年連続でアジア首位を逃した。総合順位は39位と昨年の43位から上昇するもおととしの順位を10位以上下回る厳しい結果となった。(図)

 

 東大は五つの評価基準(教育・国際性・研究・論文被引用・産学連携)でいずれも昨年以上の水準となった。特に研究は89・2点と上位20校に劣らない高評価だ。昨年順位を大きく下げた原因の論文被引用も60・9点→62・4点と微増しつつも、おととし以前の70点台と比べ低迷が続く。

 

figure2

 

 アジア圏内では、シンガポール国立大学(24位)が2年連続トップで、北京大学(29位)が続いた。東大は清華大学(35位)にも産学連携で大きく差を付けられ、初めてアジア首位を逃した昨年のアジア圏3位から後退し4位となった(表)

 

 上位200位に入った日本の大学は、昨年と同様東大と京都大学(91位)の2校のみ。上位200位以内に入ったアジア圏の大学数は昨年の15校から19校に増加しており、THEは「アジアの高等教育の発展とその継続を世界大学ランキングは証明している」と分析した。

 

 全体では、英オックスフォード大学が5年連続首位だった米カリフォルニア工科大学を上回り、初めて英国の大学が首位を獲得。トップ10校のうち7校は米国の大学が占めた。

 

【関連記事】

京大から国内首位奪回 QS世界大学ランキング アジア5位に上昇(2016年9月20日掲載)

世界大学ランキング「安易に利用すべきでない」 東大ら11大学が声明(2016年7月20日掲載)

東大に代わるアジア大学ランキング首位 シンガポール国立大とはどのような大学なのか(2016年6月29日掲載)

THEアジア大学ランキング、東大は7位に転落 QSでも順位下げる(2016年6月28日掲載)

 


この記事は、2016年10月4日号からの転載です。本紙では、他にもオリジナルの記事を掲載しています。

2775_10_4pop_2_622

ニュース:利用・保存機能を両立 17年5月竣工予定、総合図書館新館
ニュース:アジア4位に後退 THE世界大学ランキング 清華大に抜かれる
ニュース:アメフト 横国大に24点差勝利 前半3TDで圧倒
ニュース:留学生558人が学部・院へ 秋季入学式を実施
企画:外国語の文学に触れる 東大の教員が薦める一冊とは
企画:「読書の秋」の由来を探る 大正時代に偶然生まれた?
企画:本郷書籍部売上ランキング
企画:夏休みボケ、読書で気分一新 編集部員の選ぶ「やる気の出る」4冊
企画:「読書が苦手…」どうすれば? 気軽に活字に慣れる意識を
連載小説:『猫と戦争と時計台』最終回
東大最前線:睡眠時間の分析
キャンパスガール:三宅梓月さん(育・3年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年07月23日

東大における女性研究者の現状(前編) 働きにくい職場 変革は必須

INTERVIEW / FEATURE 2016年03月20日

東大合格のための知能はもういらない!?人工知能の普及は教育をどう変えるのか

EVENT 2017年11月03日

東大ガールズハッカソン2017 東大女子26人が2日間プログラミングに向き合う

COLUMN 2017年03月09日

【東大受験生応援連載】4年ぶりの合格者番号掲示 東大新聞で歴史を振り返る

EVENT 2015年10月22日

10/27(火) 大関真之氏セミナー「サイエンス教育を変える「理論物理学」の方法」

TOPに戻る