ニュース

2021年3月2日

赤門、耐震性能確保のため閉鎖 解除日時は未定

 本部保全課は2月12日、赤門を同日より当面の間閉鎖することを発表した。耐震性能の低さによるもので、閉鎖期間中は代替措置として、約70メートル南の伊藤国際学術研究センター門(仮称)が開門される。

 

閉鎖された赤門

 

 赤門について耐震基礎診断を行ったところ、一部で耐震性能が低いという結果になった。詳細な診断を行い耐震性能が確保できるまでの間、赤門の通行は禁止される。閉鎖解除の日時は発表では言及されなかった。赤門脇にある2棟の番所も耐震性能が低いことが分かったので、柵などを置く措置が取られる。

TOPに戻る