LATEST NEWS 2020年5月24日

「はやぶさ2」が着陸した小惑星「リュウグウ」の軌道を微粒子から検証

 諸田智克准教授(東大大学院理学系研究科)らは、小惑星探査機「はやぶさ2」が炭素質小惑星「リュウグウ」に着陸した際に巻き上げられた微粒子を観測し、過去にリュウグウが現在よりも太陽に接近する軌道にいたことを示す証拠を見つけた。成果は7日付の米科学誌『サイエンス』に掲載された。

 

 リュウグウには太陽系が生まれた頃の水や有機物が今でも残されていると考えられている。炭素質小惑星は初期の地球に水や有機物を運んだ天体の有力候補になっており、はやぶさ2の調査により地球の水や有機物誕生の謎が解明されることが期待されている。

 

 諸田准教授らは着陸時の超高解像度画像やリュウグウ全体の観測により、岩石と共に大量に舞い上がった赤黒い微粒子について研究。赤黒い微粒子がリュウグウ全体に表層数メートルの厚さで層状に存在することや、赤黒い微粒子はある短い期間に太陽に焼かれることで変質して作られたことを突き止めた。この結果から、リュウグウが一時的に現在よりも太陽に接近する軌道にいたと結論付けた。

 

 着陸地点の表面には赤黒い微粒子だけではなく、青白い物質があることが確認されており、着陸時に採取されたと考えられる。青白い物質はリュウグウが太陽に接近する軌道にいる以前から存在していたと考えれている。はやぶさ2が持ち帰る試料の分析から、地球軌道に供給される炭素質物質の太陽加熱・風化作用の解明が期待される。


この記事は2020年5月19日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:偶然の出会い、自宅からでも 学生発・オンライン交流の場が続々
ニュース:新型コロナ 東大病院など、陽性患者へ特定臨床研究開始
ニュース:東大、新規二つを含む計五つの支援策を提示
ニュース:東大、国と東京都の基準に沿って行動制限維持
ニュース:総合図書館、資料貸し出しと複写物提供を開始
ニュース:高い教員自給率の弊害 東大外の人材導入で自由な研究を
ニュース:クラスサポーター 教員の需要上回る志願者数
ニュース:小惑星の軌道を微粒子から検証
企画:コロナに揺れる日本経済 東大教員が分析する今までとこれから 
企画:うちで過ごそう 今見たい韓国映画3選
研究室散歩:@国文学 田村隆准教授(東大大学院総合文化研究科)
サーギル博士と歩く東大キャンパス:⑦オンライン授業 前編
100行で名著:『旅をする木』星野道夫著
キャンパスのひと:豊岡正梧さん(文Ⅰ・2年)

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年04月02日

【新入生に読んでもらいたい記事選】一流の研究者たちの思いに迫る

NEWS 2020年04月07日

谷合廣紀さんが将棋で四段昇段 東大生として16年ぶりのプロ棋士誕生

NEWS 2020年04月06日

KAGRA  重力波観測を開始 アジア初の重力波望遠鏡

NEWS 2015年10月06日

ノーベル物理学賞に東大、梶田隆章教授

COLUMN 2020年05月29日

コロナに揺れる日本経済 東大教員が分析する今までとこれから

TOPに戻る