COLUMN 2019年10月2日

Campus Guy 星合 佑亮(ほしあい ゆうすけ)さん(文Ⅱ・2年)

 

人を巻き込むチカラ

 

 1年次は「とりあえず行動」をモットーに企業などのイベントに多数参加。2年次前期は徹底した自己分析を。現在は地元三重県出身者をつなぐ学外団体「みえフェス」の代表を務めつつ、東京五輪を視野に、現在開催中のラグビーワールドカップで外国人と積極的に関わる。「自分の『人を巻き込むチカラ』が外国の人相手にも通用するのか試してみたくて」

 

 行動力の源は「自分にしかできないことをしたい」という情熱。高校時代のバスケ部では、他の部員が技術を磨く中、初心者の自分にこそ出来ることを考えた。進路に関しても、より範囲の広い「経済」に目を向ける。

 

 「地元伊勢の温かさを守りたいという思いが常にあります」。地元で受けた恩、人との縁。全ての人を愛する心を大切に、自分にしか生むことが出来ない価値を生み出したい。そう語る瞳は野心に燃えていた。

 

取材・撮影【丼】

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

INTERVIEW / FEATURE 2016年05月13日

【五月祭おすすめ企画⑩】ノギハロ! 2次元なのに3次元?

INTERVIEW / OBOG 2018年02月24日

東大卒起業家から就活生へ 前編 「秀才のジレンマ」から抜け出す方法

EVENT 2016年09月01日

[TODAI WALKER]東大イベント情報2016年9月1日

COLUMN 2020年02月07日

【キャンパスのひと】 明畠加苗(あけはた・かなえ)さん(文Ⅲ・1年)

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年08月09日

【東大教員から高校生へ】水島昇教授インタビュー 研究者とはどんな存在か

TOPに戻る