LATEST NEWS 2020年5月14日

日本学士院賞 東大関係者5人が選出 エジンバラ公賞は北名誉教授

 日本学士院は6日、優れた研究業績をたたえる日本学士院賞の受賞者9人を発表し、田口正樹教授(法学政治学研究科)ら5人の東大関係者が選出された。自然保護および種の保全の基礎となる優れた学術的成果を挙げた研究者に隔年で贈られるエジンバラ公賞の受賞者も発表され、北潔名誉教授が選ばれた。

 

 

 田口教授はドイツ中世後期における国王裁判権の機能を研究。地域の裁判事例を史料から丹念にたどり、国王裁判権が通説以上に紛争解決に寄与していた実態を明らかにした。地域史の視点も導入することで、中世の裁判機能の研究分野に新たな展望を開いた。

 

 川合眞紀名誉教授は、光のスペクトルに着目して固体表面に吸着した分子の構造や化学反応を研究。触媒科学分野や物質材料分野に貢献したことが評価された。小嶋稔名誉教授は、ヘリウムなどの希ガスの同位体分析を通して「希ガスの地球惑星化学」という研究分野を創設し、希ガスに関するさまざまな研究業績を残した。岡田恒男名誉教授は建築物の強度と粘り強さを表す「Is値」を考案し、既存鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断法を確立。耐震診断・耐震補強分野の発展を促し、地震被害の軽減に貢献した。喜連川優教授(生産技術研究所)は従来方式に比べ約千倍の性能向上を達成した「非順序型データベース演算実行方式」を開発し、大量のデータ処理を飛躍的に高速化することに成功した。

 

 エジンバラ公賞に選出された北名誉教授は、熱帯病原性微生物の生存および拡散戦略の解明に寄与。新たな抗寄生虫薬の開発にも貢献した。


この記事は2020年4月28日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応
ニュース:東大関係者5人が選出 日本学士院賞 エジンバラ公賞は北名誉教授
ニュース:東大基金 新型コロナ緊急対策基金が寄付募集開始
ニュース:家計が急変した世帯 授業料減免の対象に
ニュース:大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施
ニュース:文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞
ニュース:中央食堂 3月の利用者は前年比3割減
ニュース:文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行
ニュース:ニュートリノのCP位相角を大きく制限
企画:オーディオブックが広げる世界 全ての人に快適な読書を提供
コラム:100年前の事例に学ぶ 健康保ち今できることを
知のrecipe:新ジャガのゴロトロ煮
100行で名著:『5万4千円でアジア大横断』下川裕治著
キャンパスのひと:大木有容さん(文Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2019年11月30日

【論説空間】 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来

NEWS 2020年02月21日

宇宙の生命誕生 現実的なシナリオを発見

INTERVIEW / PROFESSOR 2017年11月29日

【東大2018⑥】防災は受験勉強と似ている 廣井悠准教授に聞く都市防災の面白さ

NEWS 2020年04月06日

情報理工学系研究科 修士定員85人増 情報教育強化へ

INTERVIEW / PROFESSOR 2018年08月13日

【東大教員からのメッセージ】鄭雄一教授インタビュー 工学でひもとく道徳の構造

TOPに戻る