EVENT 2020年9月19日

【オンライン五月祭おすすめ企画10選】⑩講演会「子どもの貧困と教育」

 史上初の全面オンライン開催となった本年度の五月祭。どこからでもアクセス可能なのを生かし、普段は参加しないような企画にもぜひ参加してみてはいかがだろう。今回は約110の企画の中から、個性豊かな10の企画について、各担当者に寄稿してもらった。
(ロゴ、写真は特記なき限り各団体提供)

 

 

講演会「子どもの貧困と教育」

学生有志

企画ページはこちら

21日 14:00~16:00

【こんな人におすすめ】
社会問題に関心のある方、新たに関心を持ちたい方など。大学生はもちろん、中高生から社会人の方まで幅広い層の方

 

子どもの貧困問題を考える

 

 本企画では、五月祭2日目の午後2時より、特定非営利活動法人キッズドア理事長の渡辺由美子様をお招きし、講演会を開催します。

 

 渡辺様は2009年にNPO法人キッズドアを設立し、貧困家庭の子どもの支援活動に取り組まれています。7月には天皇皇后両陛下に拝謁され、コロナ禍の子どもたちや支援の現状について奏上されました。

 

 講演会では、日本の子どもの貧困問題や支援活動について概説をいただいたのち、質疑応答や意見交換の時間も設ける予定です。

 

 18年の全国の世帯収入の中央値は437万円です(国民生活基礎調査より)。相対的貧困とは所得が中央値の半分に満たない状態をいい、日本の子どもの相対的貧困率はおよそ7人に1人に上ります。一方で、東京大学の学生の世帯年収の中央値は950万円を上回っています(学生生活実態調査より)。

 

 学内では極めて感取されにくいものの、子どもの貧困問題は深刻な規模で日本に存在しています。この課題に尽力されてきた渡辺様にご講演をいただくことで、多くの方が問題に目を向ける機会となれば幸いです。

 

 講演会はZoomにて実施し、アプリまたはPCブラウザからご参加いただけます。リンク等詳細は五月祭ウェブサイトの企画ページをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております。

 

五月祭ウェブサイトの企画ページ

この記事は2020年9月15日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:発表の場を守る決意が原動力 五月祭、史上初のオンライン開催の舞台裏
ニュース:THE世界大学ランキング 東大は2年連続36位 トップ100に国内2校のみ
ニュース:情報理工 院試で出題ミス 合否に影響なし 
企画:〜自宅から最高の体験を〜 第93回五月祭 おすすめ企画11選
キャンパスのひつじ:めいちゃん
五月祭常任委員会によるオンライン五月祭 アクセス方法紹介

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年03月29日

「当たり前」の目標並ぶSDGs 朝日新聞が大々的に推進するわけとは

INTERVIEW / FEATURE 2018年09月21日

受験の生かし方考えて カリスマ講師・犬塚壮志さんから受験生へエール

EVENT 2016年06月30日

五月祭でVR体験 95%の人が「好感をもてる」

EVENT 2016年06月29日

東大はなぜ推薦入試を増やすべきなのか。東大教授や教育改革実践家らが激論

COLUMN 2017年07月12日

【N高生のリアル⑥】長期実践型教育「プロジェクトN」のリアル

TOPに戻る