LATEST NEWS 2019年10月24日

学生向けスペース「知るカフェ」駒場にも誕生

知るカフェ東京大学(駒場)前店の外観(写真はエンリッション提供)

 

 学部生・院生向けスペース、知るカフェの東京大学(駒場)前店が7日、オープンした。営業時間は平日の午前11時〜午後8時半で、座席数は36席。

 

 知るカフェは主に大学周辺に出店しており、本郷キャンパス周辺には東京大学(本郷)前店とInternational東京大学前店(留学生専用店)がある。各店舗では電源とWi-Fiを完備。普段は学生向けに無料のドリンクなどを提供しながら、企業が主催する就活関連のイベントなどを随時開催する。運営母体は大学生に早くから就職について考える機会を提供する企業、エンリッションが担う。

 

 知るカフェと同様の形態を取る就活支援型の学生向けスペースは、本郷キャンパス周辺で近年増加傾向にあったが、駒場キャンパス周辺での出店は異例。駒場キャンパスには、主に就活が本格化する前段階に当たる学部1、2年生が通っているため、経済団体連合会(経団連)のルール撤廃による就活早期化との関連が注目される。


この記事は2019年10月22日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:変わる高校入試 中学で教育さらに高度化 中高一貫校の高校募集停止の背景
ニュース:リーグ最下位確定 硬式野球立大戦 打線振るわず連敗
ニュース:細胞のインフルへの防御機構解明
ニュース:量子コンピューター大規模化 実現へ加速
ニュース:台風19号 駒場・本郷ともに閉鎖措置
ニュース:AI技術でSNSのハッシュタグを改善
ニュース:極薄炭素層の準結晶 高速で巨大電場生成
ニュース:遠赤色光が光合成促進
ニュース:学生向けスペース「知るカフェ」駒場にも
企画:WHO,ROBOT ロボットと人の役割分担明確に 「ロボット工学三原則」に迫る
企画:音を立てるのは日本文化? 麺の食べ方巡る対立
東大新聞オンラインPICK UP:スポーツ編
東大教員と考える日本の問題:「日本社会と外国人」石田賢示准教授(社会科学研究所)
地域の顔 本郷編:わだつみのこえ記念館
キャンパスガール:戸倉佳音さん(理Ⅱ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年05月10日

【キャンパスのひと】大木有容(おおき・ありひろ)さん(文Ⅰ・2年)

COLUMN 2017年04月20日

障害者は生き苦しい、東大生だって生き苦しい

COLUMN 2020年05月24日

【キャンパスのひと】大塚遥輝(おおつか・はるき)さん(文Ⅰ・2年)

COLUMN 2017年03月12日

【東大受験生応援連載】第二外国語を決めよう!「TLP」で世界に通用する言語力を

COLUMN 2019年07月01日

連携強化目指すも難航 ITC-LMSとUTASの違いって?

TOPに戻る