「医学部」の記事一覧

ニュース

2021年01月26日

【加齢現象などの改善に道筋】東大医科学研究所、老化細胞を選択的に除去する阻害剤を同定

 城村由和助教や中西真教授(共に東大医科学研究所)らは、老化細胞を選択的に除去する「GLS1阻害剤」が、さまざまな臓器・組織の加齢現象・老年病・生活習慣病を改善させることを証明した。成果は1月15日付の米科学誌『サイエンス』に掲載された。  細胞は多様なストレスを受けることで、不可逆的な増殖停止を示す老化細胞へと誘導される。老化細胞は加齢に伴い生体内に蓄積するものの、除去すれば加齢現象などが
1 2 3 4
TOPに戻る