LATEST NEWS 2020年5月1日

東大基金が寄付募集開始 新型コロナ緊急対策で

 東大は20日、東京大学基金内のプロジェクトとして「新型コロナウイルス感染症緊急対策基金」の寄付募集を開始した。第1次の募集期間は同日〜6月30日。

 

 同基金は東大が実施する未来社会協創事業のために設置された「未来社会協創基金」の一環。第1次期間に集まった寄付金は治療薬やワクチンの開発など新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の医療対策のうち、即時性のあるものに活用される。使途の詳細は同基金運営委員会の提案の下、五神真総長が決定する。

 

 21日には五神真総長が、COVID―19関連では3回目となる総長メッセージを発表した。五神総長は、東大が迅速にPCR検査を実施できる検査機器の導入や、新型コロナウイルスに対応するICU(集中治療室)の整備、中等症患者に対応する病棟の開設などの医療体制の充実を図ってきたと説明。加えて、早急に実行すべき取り組みとして学習環境の整備や、財政的基盤が脆弱な東大発のベンチャー企業に対する支援などを挙げた。


この記事は2020年4月28日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を掲載しています。

ニュース:始まらない「大学生活」 帰省する・しない 分かれる学生の対応
ニュース:東大関係者5人が選出 日本学士院賞 エジンバラ公賞は北名誉教授
ニュース:東大基金 新型コロナ緊急対策基金が寄付募集開始
ニュース:家計が急変した世帯 授業料減免の対象に
ニュース:大学からの情報「十分でない」が過半数 学内英字メディアが英語話者にアンケート実施
ニュース:文部科学大臣表彰 東大所属者44人受賞
ニュース:中央食堂 3月の利用者は前年比3割減
ニュース:文化庁 オンライン授業の円滑化へ新制度施行
ニュース:ニュートリノのCP位相角を大きく制限
企画:オーディオブックが広げる世界 全ての人に快適な読書を提供
コラム:100年前の事例に学ぶ 健康保ち今できることを
知のrecipe:新ジャガのゴロトロ煮
100行で名著:『5万4千円でアジア大横断』下川裕治著
キャンパスのひと:大木有容さん(文Ⅰ・2年)

 

※新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、STORES.jpのオンラインストアを休止しております。申し訳ございません。
定期購読の方、お試し購読されている方には登録されたご住所に届けられますが、物流の混乱で遅れが発生する場合がございます。
あらかじめご了承ください。

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2020年06月16日

心身の負荷を発散する工夫を 新型コロナウイルスと心身の健康

NEWS 2020年04月27日

東大生よ「ギアチェンジ」を 五神総長ら動画で新入生にメッセージ

NEWS 2020年03月31日

東大、全部局の授業オンライン化を発表

INTERVIEW / PROFESSOR 2020年04月26日

誰もが居心地の良い東大へ ゲーム理論研究の第一人者に聞く 松井彰彦教授インタビュー

COLUMN 2020年07月30日

【WHO,ROBOT⑤】遠隔化の波は診療を超えて手術まで~ロボット工学と医学の融合~

TOPに戻る