SPORTS 2015年11月1日

東大アメフト ミスから逆転負けし、TOP8昇格可能性が消滅

アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は10月31日、秋季リーグ第5節を帝京大学とアミノバイタルフィールドで戦い、終盤にミスから逆転され8―10で敗れた。1部下位リーグ「BIG8」所属の東大は11月1日終了時点で2勝3敗、勝ち点6の4位タイとなり、残り2試合に全勝しても立教大学、帝京大を上回ることができなくなったため、上位2チームが出場できる1部上位リーグ「TOP8」との入れ替え戦進出がなくなった。5位以下なら2部との入れ替え戦に臨むことになるが、東大は残り2試合に勝利して4勝3敗とすれば4位以上が確定する。

 

東 大|0080|8

帝京大|0307|10

 

東大は3点を追う第3Q(クオーター)に関野良樹選手(農・3年)のタッチダウン(TD)で逆転。しかし5点リードの第4Q、帝京大の攻撃を止めたと思いきやキックを拾った選手がボールをこぼし、再び守備に回る。ここで相手が落としたボールを奪い攻守交代するが、前進できずゴールまで29ヤードで攻撃権を渡すと、ロングパスを通され逆転を許す。後がない東大は最後の攻撃でパスを投げ続けるも、3度のタックルを食らって時間切れとなり手痛い3敗目を喫した。

 

第3Qに関野選手のTDで一時逆転する(撮影・関根隆朗)
第3Qに関野選手のTDで一時逆転する(撮影・関根隆朗)

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

SPORTS 2016年09月23日

第55回七大戦 東大が歴代最高得点で4年ぶり11回目の総合優勝

INTERVIEW / FEATURE 2015年04月04日

ジャズダンスサークル・FreeD !(フリー・ディー)

SPORTS 2017年05月01日

【部員が見る軟式野球⑤】リーグ2位の東大は延長の末、慶大と引き分け

SPORTS 2015年04月21日

部員が見る軟式野球部 2015年度春季リーグ戦第2戦

SPORTS 2016年05月07日

【詳報】硬式野球部、08年秋以来のシーズン2勝目 宮台選手が投打で活躍

TOPに戻る