SPORTS 2015年11月29日

東大ホッケー男子 6季ぶりの1部昇格

 ホッケー部男子(関東学生リーグ2部)は11月28日、秋季リーグ1部2部入れ替え戦で学習院大学を破り、2013年度春季以来の1部昇格を決めた。東大は1-1で前後半を終えるとシュートアウト(SO)戦の末、勝利を収めた。

 

東  大|10|1 |3

学習院大|01|1 |2

 

 東大は14日の武蔵大学戦に勝利して入れ替え戦出場を決め、22日には一橋大学を破り2部優勝も果たしていた。1部8位の学習院大との一戦は、前半に東大が積極的に攻め流れをつかむと尾形道隆選手が先制のゴールを決める。東大は後半に追い付かれ主導権を学習院大に握られるが、堅守で学習院大の攻撃をしのぎ、SO戦に持ち込む。SO戦では両チーム5人ずつの選手とゴールキーパーが1対1の攻防戦を行う。後攻の東大は、ゴールキーパーの松岡裕人選手が好守を連発。3-2でSO戦を制し、1部昇格を決めた。

 

 ホッケー部男子は1部に所属した2013年度春季リーグで入れ替え戦に敗れて以来、1部昇格を逃し続けていた。来季は6季ぶりとなる1部で優勝を目指し強豪校に挑む。

 

2015年12月5日 14:00 【記事修正】 ペナルティシュートアウト(PSO)戦をシュートアウト(SO)戦に訂正しました。

 

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2018年04月26日

【新入生アンケート2018 ③進路】41%が就職を不安視

SPORTS 2016年06月20日

東大から33年ぶりの大学日本代表 硬式野球部・宮台投手「チームの戦力に」

SPORTS 2018年06月05日

【部員が見る軟式野球2018⑫】決めきれず法大に敗北 優勝は持ち越しに

SPORTS 2015年10月28日

東大ホッケー女子、初の1部で3戦全敗 終盤の失点に泣く

SPORTS 2015年06月04日

硬式野球、勝利までの苦難の歴史 昨年秋から光明見える

TOPに戻る