LATEST NEWS 2019年11月26日

仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり

岩佐 義宏(いわさ よしひろ)教授(工学系研究科)

 

 

 仁科記念財団は7日、2019年度仁科記念賞の受賞者を発表し、岩佐義宏教授(工学系研究科)が選ばれた。東大からの選出は2年ぶり。12月6日に東京會舘で授賞式が行われる。

 

 岩佐教授は乱れの極めて少ない2次元超伝導体の作製に成功した。電気抵抗がゼロである超伝導体の薄膜作製は量子コンピューターの基盤となる技術だが、従来の薄膜は不純物などによる乱れが大きく、理想的な2次元超伝導体の性質は解明されていなかった。岩佐教授はイオン液体と結晶の界面に乱れの少ない2次元超伝導体が生じる「電界誘起超電導」を発見。さらに、磁場によって超電導の状態と絶縁体の状態を切り替えることにも成功した。

 

 仁科記念財団は、現代物理学の父と呼ばれる仁科芳雄の功績を記念し、1955年に設立された。財団は毎年、原子物理学とその応用分野において優れた業績をあげた研究者に仁科記念賞を授与。本年度は岩佐教授の他、吉田滋教授、石原安野教授(ともに千葉大学)が選ばれた。東大からはこれまで、早野龍五名誉教授や梶田隆章卓越教授(宇宙線研究所)らが受賞している。


この記事は2019年11月19日号から転載したものです。本紙では他にもオリジナルの記事を公開しています。

ニュース:東大の足元は今①教育編(上) 東大の教育力 教員負担の削減とTAの活用を
ニュース:出願要件化は困難か 英語民間試験利用 入試監理委で対応協議
ニュース:推薦入試出願者数 過去最低タイの173人に
ニュース:ラクロス男子 2年連続で準優勝 またも早大に完敗
ニュース:アメフト中大戦 好機逃し敗戦 最終戦で初勝利目指す
ニュース:囚人のジレンマで搾取の仕組み解明
ニュース:仁科記念賞に岩佐教授 東大からは2年ぶり
ニュース:硬式野球部 新監督にOB井手さん 中日でもプレー
企画:論説空間 問われ直す存在意義 図書館の過去と未来 河村俊太郎准教授(教育学研究科)
企画:味わい深いひとときを コーヒーの楽しみ方
推薦の素顔:村本剛毅さん(理Ⅰ・1年→工)
サークルペロリ:東京大学運動会ソフトボール部
100行で名著:『鉄道が創りあげた世界都市・東京』矢島隆・家田仁編著
東大で昆活!:秋のコオロギ特集
キャンパスガイ:伊東敦紀さん(文Ⅰ・1年)

※新聞の購読については、こちらのページへどうぞ。

同じ記者の記事

関連記事

LATEST NEWS

本郷にて秋季入学式

2014年10月16日

合わせて読みたい

NEWS 2019年11月28日

温帯低気圧の雨量は気温で決定 温暖化に伴う雨量増加を予測

NEWS 2018年06月14日

筋肉と機械の融合進む 二つの骨格筋組織を活用

NEWS 2017年09月21日

THE世界大学ランキング 東大は過去最低の46位に

INTERVIEW / PROFESSOR 2019年07月04日

【東大教員と考える日本の問題】日本経済の未来 鍵は家計に

NEWS 2019年05月17日

ぜんそくの悪化を抑える因子発見

TOPに戻る