LATEST NEWS 2018年5月1日

元分生研教授の渡邊氏に懲戒解雇相当 論文不正行為で

 東大は4月27日、分子細胞生物学研究所(現在は定量生命科学研究所に改組)の元教授・渡邊嘉典氏らが『ネイチャー』や『サイエンス』など国際的な科学誌に2008~15年に発表した5本の論文における捏造(ねつぞう)・改ざんなどの不正行為について、懲戒解雇相当と決定し通知したと発表した。この決定により、渡邊氏に退職金は支給されない。

 

 東大は「本学の元教員が行った行為は決して許されず、厳正な対応を行った。大学として厳粛に受け止め、再発防止に努める」とした。分生研は4月1日、続発した論文不正を受け、定量生命科学研究所へと改組している。

 

2018年5月12日10:30【記事訂正】記事タイトルの渡邊氏の名前の漢字を誤って書いていました。お詫びして訂正します。

 

【関連記事】

分生研を改組 論文不正続発を受け(2018年4月11日掲載)

分生研教授の論文不正行為、東大が認定 医学系5人は不正なし(2017年8月4日掲載)

東大関係者の論文不正疑惑、本調査を完了 不正がなければ公表せず(2017年6月10日掲載)

論文不正疑惑で新たな告発状(2016年10月26日掲載)

論文不正疑惑で本調査へ 原則150日以内に判断(2016年9月28日掲載)

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

NEWS 2019年04月11日

老化した幹細胞を回復する手法を発見 「健康長寿社会」へ道

NEWS 2016年11月23日

2016年秋の紫綬褒章 工学系研究科の3教授が受章

COLUMN 2017年11月17日

【N高生のリアル⑨】「孤独な通信制」という常識を覆す Slackで育まれる友情

COLUMN 2017年11月05日

【N高生のリアル⑧】ネット部活のリアル N高クイズ研究会の生態系

INTERVIEW / OBOG 2019年02月15日

新元号へ「三度目の日本」の創出を 堺屋太一さんインタビュー

TOPに戻る