SPORTS 2016年6月26日

アメフト、防衛大に35-10で勝利 オープン戦を5勝1敗で終える

 アメリカンフットボール部(関東学生1部リーグ)は6月26日、オープン戦第6戦を2部所属の防衛大学校と本郷キャンパス御殿下グラウンドで戦い、先制を許すも前半のうちに逆転し、後半に突き放して35-10で勝利した。東大は今季オープン戦を5勝1敗で終えた。

 

東 大|0 14 7 14|35

防衛大|7 3 0 0|10

 

 今季オープン戦を通して好調の東大の守備陣だが、序盤は防衛大のランプレーに対応できない。防衛大の最初の攻撃では、相手選手に守備の間を突破されるとそのまま60ヤード以上を走られて先制を許してしまう。

 次の相手の攻撃を止めて自陣40ヤードから攻撃権を得た東大は、関野良樹選手(農・4年)のランで一気に敵陣13ヤードまで攻め込むと、最後は野金将行選手(育・3年)へのパスを決めて追い付く。守備陣はなかなか相手のランを止められず第2クオーター(Q)中盤にフィールドゴール(FG)で再びリードを許すが、直後の攻撃で宮山賢済選手(農・4年)がディフェンスを押し倒しながら一気に50ヤードを走ってTD。前半終了間際にも敵陣28ヤードまで迫るが、ここはパスがインターセプトされ4点差で前半を折り返す。

 

ディフェンスを倒しながら走り逆転のTDを奪った宮山選手(撮影・石沢成美)
ディフェンスを倒しながら走り逆転のTDを奪った宮山選手(撮影・石沢成美)

 

 後半も、成功すればTDとなるパスを投じられるなど守備陣は苦しむが、自陣で粘り強く守り得点は許さない。攻撃陣は、途中からクオーターバックを務めた古賀福丸選手(文Ⅰ・2年)が自ら走る積極的なプレーで前進を重ねる。第3Q残り3分34秒には、ランニングバックに渡した振りをして自ら7ヤードを走りTD。第4Qにも2本のTDパスを成功させ、突き放した。守備陣も後半は得点を許さず、35-10で勝利しオープン戦最終戦を終えた。

 

試合終了間際に藤原光汰選手(農・4年)へのパスを決めダメ押しする(撮影・石沢成美)
試合終了間際に藤原光汰選手(農・4年)へのパスを決めダメ押しする(撮影・石沢成美)

 

 1部下位リーグBIG8に所属する東大は今春、1試合の失点を最多でも13点に抑えた守備陣の活躍が光り、1部上位リーグTOP8に所属する明治大学や中央大学、関西学生1部リーグに所属する京都大学といった強豪を破ってきた。オープン戦は6試合で5勝1敗と好成績を残している。本番となる秋季リーグは9月11日の駒澤大学戦が初戦。多くの試合でミスの目立った攻撃陣を夏の間に立て直して、2014年、15年と2年連続で逃してきたTOP8昇格という目標を達成したい。

 

スクリーンショット (323)

 

(文・竹内暉英)

 

2016年度オープン戦

開幕戦→ アメフト部 2016年度開幕戦で学習院大に31―7で勝利

第2戦→ アメフト部 1部上位リーグ所属の明大に16-13で勝利

第3戦→ アメフト部 2部所属の東工大にまさかの苦杯

第4戦→ アメフト部、42得点で京大に快勝 対京大2連勝で通算成績を13勝43敗1分に

・監督インタビュー→ アメフト部、52年ぶり京大戦2連勝の要因とは 竹之下監督インタビュー

第5戦→ アメフト 中大に残り39秒で逆転し6年ぶり勝利 竹之下監督「守備の活躍に尽きる」

同じ記者の記事

関連記事

合わせて読みたい

COLUMN 2016年08月06日

【東大水泳部水球陣寄稿】リオ五輪「水球」の見どころ

SPORTS 2016年09月03日

ラクロス男子 成蹊大を8点差で破り今季リーグ戦初勝利

SPORTS 2017年07月15日

【春の東大スポーツを振り返る】アメフト部 フィジカルに課題

SPORTS 2015年09月18日

東大軟式野球 法大に逆転許し開幕2連敗

SPORTS 2016年10月10日

硬式野球 三木投手が好投も打線振るわず完封負け 勝ち点取れず次節が最終節

TOPに戻る